スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カユザックの音!

お久しぶりです。
めちゃ更新頻度が低いもんで、何をどこまで書いたのか、書いてないのか、覚えてないやい(笑)

えと。
ムスメには、プロのクラ奏者のレッスンを受けさせてます。
んで、そのセンセが主催するクラリネットアンサンブル(アマチュアの集まりです)に、私もへれっと参加させてもらってます。

センセは、地元の楽器店でやってる教室でもクラ教えてらして、
(ムスメはその教室とは別の、個人レッスンです)
クラアンサンブルも、教室の生徒さんたちの発表会とのジョイントって形で、本番やろかね~という話になっています。
んで、その本番で、「(アンサンブルだけじゃなく)ソロ、吹きたい人いる?」ってセンセの振りに、えいやっと手を挙げた私なのでした。
最初は「ソロなんてとんでもない!」と反射的に思ったのですが、前出の記事の「上司の言葉」を思い出し(笑)、
「1曲きちんと仕上げることでレベルアップにつながる」
「ピアノ伴奏でソロ吹ける機会なんて(今の私の人脈では)そうそうない」
「舞台度胸をつけたい」
「ちょうど吹きたかった曲がある」「その曲の楽譜の入手のめどがついた」
・・・・要するに「チャンスは有効に活用すべし!」との思いから、楽譜が届く前日に、センセに「吹きたいですっ!」とメールしたのでした。

ちなみにセンセの振りに一番に手を挙げたのはムスメ。
私も手挙げるって言ったらイヤがってました。「いつも親子セットで見られるのが嫌」って・・・知るか!(笑)

で、ちょうど吹きたかった曲ってのが、
ルイ・カユザック作曲「セヴェンヌ地方のパストラール」。

あ~前振り長かった(笑)。ここからやっと記事タイトルの本題です。

ルイ・カユザックは、フランスのクラリネット吹きで、クラリネットのための小品もいくつか作曲していて、どれもとても美しい(特に旋律の流れが美しい)。日本では「カンティレーヌ」という曲がたぶん一番有名です。

ナクソスでカユザックを検索すると、作曲した曲のほかに、彼が「演奏した」タイトルが、1曲だけ、ある・・・!
これは聴かねば!
ナクソスへのリンク
コッペル/Clarinet Concerto, Op. 35


・・・・・一聴して、びっくり。なんて音!
シャリュモー音域の、コーンと抜けきった、小気味よい感覚。
かといってクラリオン域があっけらかんかというとまるで逆で、輝きのひだを重ねたような、しっとりとした、でもしっかりした音。
古い録音なんで雑音がバチバチですが、クラリネットの細かい表情なんかはきちんと拾っている。
その表情も、なんつーかもう、ほろっとくるような感じで。。。

これは意外でした。カユザック、いきなり「好きなクラリネット吹き」のかなり上位にランクインです。(笑)

他にも音源がころがってないかな~、とYouTubeを検索すると、ヒットするのは彼の作品を他のクラリネット吹きが吹いているものばかり。ああ、こういう条件での検索って、むずかしいのね~~

ちなみに私が吹きたい「セヴェンヌ地方のパストラール」は、コレ。↓

ここでの奏者、ギィ・ダンガンは、カユザックの、直接の教え子にあたる人の一人、だったような、なかったような。。。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クラリネット クラシック ナクソス 名演 YouTube

突撃スマホデビュー(笑)

突然ですが、ケータイをスマホに変えました。

理由は、ナクソスがAndroidアプリで聴けるようになったから。

もともとウチのケータイauで、ナクソスはちょっと前からiPhoneでは対応アプリが出ていて、よっぽどiPhoneに変えよかどうしよか迷った(ときもあった)のですが、今回のリリースで、もうAndroidソッコー買い。(笑)

機種はIS05がいいな。。。と思って都会の大型電器店やショップを回るも、人気機種でどこも予約待ち。
ひょっとして、と思って家の近くのショップに行くと、フツーにありました。在庫が。全色。さすが田舎。(笑)

慣れない操作にイライラしつつも、電話帳やらメールボックスやら整理して、フツーにケータイとして使うくらいは、なんとかできるように。(←アタリマエか)
電話やメールの着信音に今までのが使えない(やり方がわからない)のが若干ストレスですが。
(着信音は基本自作なのです・・・作り方はこの記事後半部分参照・・・)

で、ナクソス。
アプリをダウンロードして、聴いてみました。
きゃ~、聴ける~!音キレイ~!途切れもなし~!

これで、ナクソスを外に持ち出せます。車の中で聴いたりとか、練習で皆と参考音源聴いたりとか、したかったんだ~((o(^∇^)o))

IS05にした理由のひとつに、FMトランスミッターがありましたが、取説読むと、どうやら音楽を再生する機能(アプリ)側で設定するようで、これはナクソスではできなさそう。。。
車中で聴くのはなんか別の方法を考えることにします。

今日聴いたのはフツーの手持ちのイヤホン(息子がセンター試験(リスニング)のときもらってきたやつ)ですが、音質にストレスはありませんでした。
横からダンナが、普段自分が使っている(高級)イヤホンを「これ使ってみ」と出してきました。

・・・・が。

私的には、センター試験のイヤホンの方が、音にストレスがないなあ。
ダンナのはなんか、コードに手で触ると、その音がノイズとして入ってくる、みたいな感じ。

20110506rq.png

ダンナは、怒ってましたが。(笑)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クラシック ナクソス

ピン演奏レポ

前回の続きです。書きます。(笑)

当日会場に入って、ちょろっと音出して音量とか響きのチェック。
(マイクの要非を確認する必要があった)

びっくりしたのは、この会場、響きがとてもいい!
40人程度が入るホテルの宴会場ですが、木管楽器がマイクなしで音出して、全体に心地よ~く響き渡る感じ。
響きすぎず、乾きすぎず、ちょ~うどいい残響。

私「マイクいらないですね。」
会場担当ホテルマン「(即座に)そうですね。」

これまでいろいろな場所で楽器吹いた(練習・本番ひっくるめて)けど、ここまで音響のいい会場にはいままで当たったことがありません。

会場の響きに気をよくして、適度に緊張がほぐれた状態でいざ本番演奏開始。

★1曲目「ユモレスク」。
吹きながら、
会場の、自分の出した音の残響だけを聴く。うん。大丈夫私。
お客さんの顔が、ふと見える。白い目で見られてる、気がする。痛い・・イタいよ~私。
 ↑
・・・の、2つの感触のせめぎあい、葛藤でした。

★2曲目「メモリーズ・オブ・ユー」。
1曲目の「イタかった」感触がここにきて増幅。緊張MAX。(笑)
もともとビブラートがつく曲だけど、もはやビブラートでなくただの「震え」。(笑)
指も震えてる。特に左手中指・薬指が大きく震え、マトモに運指のスタンバイができない。
テンパったまま終了。

★3曲目「クラリネット・ポルカ」。
事前に会場に手拍子を求め、手拍子に寄りかかった状態で一気に吹き切る!(笑)
練習時にちらとでも不安に思った指使いのトコロは、
ことごとくできなかった。 (笑)

あ~終わったよ~~・・・・
思い返すと、やっぱ「イタい」感触が、一番でかかったな~~
伴奏なしで、伴奏が必要な曲を、吹くモンぢゃ、ないな~~・・・・

今回、伴奏がないので、特に「拍子による強拍・弱拍」をはっきり打ち出す必要があるよな、と思って臨み、1曲目と3曲目ではそれでよかったのですが、

2曲目に落とし穴がありました。

以前から、ジャズというジャンルでは強拍・弱拍が逆転するのだと教わっていました。
だからずっと強弱逆転で、自分も吹いてきたんですが、今回のように全くのピンの場合でそれをやると、
曲の輪郭が崩れてワケわかんない状態に。
よく考えると、いかに旋律が強弱逆転で進むにしても、それはオーソドックスな(つまり自然な)強・弱のリズムがベースにあってこそ生きてくるもの。。。
つまり、伴奏がない状態では、ベースとなる自然な強弱を出しつつ、その上でジャズらしくする「強弱の逆転」をどう打ち出すか?というとてつもない高等テクニックが実は必要だったのでした。

勉強になった・・・とはいえ、だから次は吹けるようになるってワケではなし。
練習! 精進しないと。。。!
(いや、ジャズについては、当面、吹くアテはないんだけど。)

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

tag : クラリネット 本番 ジャズ

そして誰もいなくなっ・・・・

(職場の)「退職者送別会で、クラリネット吹かない?」
と、上司から打診されたのが約1ヶ月前。

「んな、ムリ」と言いかけたところ、なんとその上司、

「いいんですか?」
「アマチュアの音楽家なら、”吹く機会を与えてくれて、ありがたい”と、思うべきなんじゃないですか??」

と、のたまう。
(この上司、自身がコーラスやらリコーダーアンサンブルやらの経験者らしい)

そんな言われて引き下がっちゃアマチュア音楽家の名がすたる。
受けて立とうやないかい!

とは言っても、伴奏もナシの一人きりではあんまりなので、ムスメも引き込んでクラリネットのデュオで出る、ということで話はまとまり。

その後、職場の別の係の人がホルン吹きだということが判明し、そのヒトも巻き込んで、編成はトリオに変更。

用意した曲目が
★ムーン・リヴァー
★アメリカン・パトロール
★ウルトラセブンのうた(!)←ホルンがいるなら、コレっきゃないでしょう・・・吹奏楽人はこういうノリが大好きです)

他の練習や楽団の本番で忙しい合間をくぐって3人で練習し、いよいよ来週本番だ!ってなったとき

ホルンの人が1抜け。仕事の都合で本番当日福岡にいられないコトに。

仕方ないので、当初の予定通り、ムスメとのデュオに変更。
あまり難しい曲は練習の時間がないので、手持ちのクラリネットデュオ曲集から
★星に願いを
★ホール・ニュー・ワールド
★海の見える街
をやることに。
本番前の最後の土曜にムスメと合わせ、まあ本番なんとかなるかな。。。と思っていた矢先、

月曜日に、ムスメ発熱。

病院行ったら、インフルエンザを宣告されちまいました。

ええええ~~、結局、私ひとり~~!?

時は本番二日前。ど~すんのこの事態!?
あわてて手持ちの楽譜を見渡して、伴奏ナシの完璧ピンでも、それなりに聴ける(聴けてほしい)曲を物色。
んで
★ユモレスク
★メモリーズ・オブ・ユー
★クラリネット・ポルカ
の3曲をエントリー。ちょっとキツいけど。

本番前日の夜、40分くらい練習して、(つまり1曲あたり10分ちょっとの練習時間)

今日本番。
吹いて来ました。吹きましたよ。本来伴奏がつくべき曲を、ピンで。
ちょっとイタい人に見えたかも知れない。

演奏は、ま~あ、グダグダではありましたが、勉強にもなりました。
その顛末は、次の記事で・・・・

・・・・書くかなあ?

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

tag : クラリネット 本番

練習音源を聴く

所属する木五のメンバーからのお誘いで、
「10人の管楽器プレーヤーでアンサンブルをしよう!」
というプロジェクト(名前は、まだ、ない。。。)に参加させてもらえることになりました。

編成は、木五×2。
本番は10月上旬の予定。場所は北九州某所。

第一回目の練習が、(ちょっと前になるけど)1月10日成人の日に、ありました。
本番の会場(に、なる予定)の、レトロな洋館のホールでの練習です。

おりしもその日は、九州では珍しい大雪。
(いや、その後の大寒波のことを思えば、今思い返すとあれは「中雪」か・・・笑)
雪道をクルマでえっちらおっちらと福岡から北九州まで出向くなんて、
ちょっと前のヘタレな自分には考えられない。成長した~私。(笑)

さて肝心の練習。
初顔あわせの人も数人いるなかで、曲の合わせ。
皆さん腕に覚えのある方ばかり集まっているので、そこそこ曲として進行していきます。
スゲ~なみんな!
クラリネットのもう一人の人がお休みだったのが、ちょっと淋しかったデス。。。

で、実は、この練習、録音されておりまして。
あとでメンバーから音源を配布されまして。

いや勉強になりました。がっつり打ちのめされました。(笑)

自分の音が客観的にどう聴こえるか、っていうのは、管楽器奏者にとってはとてもとても興味のあるコトです。
遠い距離からどう聴こえるかってのとは別に、自分で吹きながら聴く音って骨伝導の音が入るから。(特にクラリネットは楽器と歯が直接接するから余計に・・・^_^;)

なんで、初めのうちは音そのものへの興味で聴いていて、次に
「油断するとアタックがキツくなるなあ」とか「クレッシェンドの頂点が汚いなあ」とか、自分の音を、分析・反省。しかし、さらによくよ~く聴いていると。。。。

・・・・あたし、どんくさい。

びみょ~~に、テンポ感が、ズレてる。ちょっと後ろに、ズレてる。。。
うわ~~、オバサン感、丸出しだわあ~~
(他のメンバーは、皆若い。中には現役大学生もいるし)
ゴメンよ~~、みんな~~。。。

要するに、
アンサンブルってのは、「聴いてから合わせる」んじゃ、ダメだってこと。
そー言われるとそれは世間一般でもよく言われるコトではあったんだけど、現実に突きつけられると、いや、痛いなあ~、もう。
つ、次の練習のときには、リベンジ、するぞ・・・・っっ!

それにしても、自分の音を録音して聴く機会って、これまで本番演奏くらいしかなくって、聴いた後で「あれをこうすればよかった」「ここをこうすればよかった」って後悔(?)するのがフツーだったけど、よく考えたら、その「後悔」を練習時にやっておけば、本番ではよりよい演奏になるハズですね。
いままで練習を録音して研究するってのは自分の中になかった選択肢なので、目からウロコでもあったのでした。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

tag : クラリネット 楽器 練習 木管五重奏

     
CssTagCloud

クラリネット  クラシック  ナクソス  鑑賞  吹奏楽  楽器  練習  本番  YouTube  演奏  学生バンド  ムスメ  お気に入り  名演  木管五重奏  社長  楽譜  ピアノ  ジャズ  民謡  ポルカ  ミュージカル  弦楽  パソコン  トムとジェリー  

プロフィール

みーまま

Author:みーまま
アマチュアのクラリネット吹き。
ムスメが中学でブラス入って
クラリネット始めのを機に、
約10年ぶりに楽器を再開。
今ムスメと2人で
一般の吹奏楽団でクラ吹いてます。

2010年11月からは、
木管五重奏の活動も開始しました。

その他のMyサイト・・・・
▼ウチの猫&うさぎのサイト
ピーぷーみー
▼猫うさ&お絵かき&その他日記
ピーぷーみーの楽屋裏

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。