スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fleur de fete ~花の饗『演』~

先日、「花」をテーマにしたとても素敵な催しに、木5で参加させていただきました。



出演は…
フラワーアーティスト 柿本民子
ソプラノ 永田早智代
バリトン 大飼道雄
シンガー 今西彩花
ピアノ 大岩有里子
木管5重奏 クローバークインテット

↑どんなジャンルの、どんな催し!?…と、思うでしょ?(笑)

一言で言っちゃうと「異種間コラボ」なのですが

主催の方の「お花と音楽とで、何か一緒にやれたらいいね」との思い付きから、その思いに賛同する仲間(これもまた多彩なジャンルのパフォーマーたち)が集まり、なんとも豪華な文字通りの『饗演』が実現しました。

ソプラノ、バリトンご夫妻と木管5重奏による「カルメン」だったり
20171103160931207.jpeg

木管5重奏の演奏をバックにトルソーをお花でドレスアップしていったり
20171103160217eba.jpeg

ドレスアップ完了。
20171103161015747.jpeg

前半は歌とピアノとお花のコラボ。
20171103160736ed1.jpeg

会場は声楽家ご夫妻の活動発信の場でもある「ラック ミュージックプレイス」。
沢山のお花と、お客様の笑顔が満ちあふれていました。

ラストは出演者全員での演奏。終演後にパシャリ。
201711031605384aa.jpeg

当日は台風の影響であいにくの雨でしたが、沢山のお客様に来ていただきました。

この催しは、「既存のスタイルのなにかを演じる」ではなく、「今ここに居る仲間たち、このメンバーで何が出来るだろう」「今まで経験したことのない素敵な何かが生まれるのではないか?」というところからスタートした、らしいです。
お互い見知らぬ世界の人同士、自分の持ち分を精一杯表現して、そのことでその人達と繋がっていく…これは自分の、世界も広がります!
素敵な何かは、確かに生まれました。夢のような体験でした。
お声かけいただいた主催の大岩様に感謝感謝です。

今回、木5と歌でオペラ曲をするにあたり、既存の(木5用編曲の)楽譜はそのままでなくちょっと手直ししたり、曲によってはまるまるオケスコから音拾って楽譜を作る作業を担当しました。(手直し分は口頭打ち合わせだけのつもりでしたが、楽譜には万全を期したかったので…前回の記事参照 笑)
録音聴いてみると、まるまる起こした曲は、やっぱり響きに不満が残るなー(^_^;)
編曲のノウハウとかそんなのを、もっと勉強したいなー、と、思った本番でもありました。

最後に、当日の動画、とりあえず木5だけでの演目をご紹介します。
プーランク作曲、ノヴェレッテ ハ長調。
クラの音と二の腕がデカいのは、カメラがすぐ横にあるせいですよ~(笑)







スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット クラシック 本番 木管五重奏 楽譜 演奏

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。