グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調(2台ピアノ編)

ナクソスの「今週の1枚」(←先週のことだけどね)の推薦文に、
「オーケストラパートが聴きどころ。ソロよりこっちに聴き入ってしまう」
とあったのを見て興味が湧き、聴いてみました。
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op. 16 (2台ピアノ編)

確かに面白いです。
このテの編曲モノって、想像をかき立てられるところが面白いですよね。
たぶん演奏者も、「ティンパニのドロロロはどう表現する?」とか「どうしたら金管っぽく聴こえる?」とか、色々考えて、楽しそうです。
聴いてる側もしかり。3楽章ではフルートのキャラキャラした音が聴こえた(気がした)り、

20091206hu.gif
の部分「絶対、ホルンとかの管が伸ばしの音でクレシェンドしてるよ!」とか思ったり。
そんなこんな考えてると、脳が活性化して、余計なコトまで思いをはせてしまう。

実はこの曲、昔演ったことがあります。吹奏楽&ピアノで。(恐るべき編成・・・笑)
編成のムリさは置いといて、とにかくいかに「管の音量を押さえてピアノを聴かせるか」に終始した記憶があります。ベートーヴェンの「皇帝」を同じ編成で演ったときはそこまで苦労しなかったのに。曲の作りの違いなのか、編曲のせいなのか、ピアニストの技量なのか・・・・?
20091206rq.png

また、この曲は今までの演奏活動のなかで唯一、A管を吹いたことでも印象深いです。
1楽章の始めにあるクラリネットソロ、B管では音色が気に入らなかったのでそこだけA管に持ち替えました。

・・・・思いをはせるのが「昔のコト」って、どんだけ年寄りなんだ、って。(笑

で、次はオリジナルの方も聴きたくなってきますよね。
それに関しては、また後日・・・・・。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック 鑑賞 ナクソス ピアノ 吹奏楽

コメント

はじめまして。過去の記事へ突然コメントを書き込んでしまい、申し訳ありません。
しかしどうしてもお聞きしたいことがあります。
グリーグのピアノコンチェルトを吹奏楽と演奏された際の、吹奏楽団の編成を覚えていらっしゃいますか?
もしよろしければ、確実でなくても構いませんのでお返事いただけると幸いです。

Re:

れいなさん コメントありがとうございます!
お返事遅くなり申し訳ありません!
実はこの吹奏楽版、ちょっと前に家の楽譜整理をしたときに、何故か3楽章だけスコアのコピーががありました。で、その編成ですが
フルート3、オーボエ2、ファゴット、Esクラ、クラ3、Bassクラ、アルトサックス2、テナーサックス、バリトンサックス、トランペット3、ホルン4、トロンボーン3、ユーフォ、チューバ、弦バス、ティンパニ
てものでした。いたってフツーの小~中編成ブラスですね。ホントにもさもさしてたなあ。(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)