スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘寿リサイタル

ちょっと時間が空いてしまいました。

前回の記事に書いたコンサート、昨年11月に盛会のうちに終了しました。
お世話になった社長の、80歳記念コンサート。
furukawa80_1.jpg

furukawa80_2.jpg


前半は社長とご家族、音楽仲間たち(⬅私もその一人)によるソロやアンサンブルステージ。
後半は社長と仲間たちのジャズバンドによるステージ。

とても温かく、そして熱い会でした!

感銘したのは、社長の音楽と、音楽に向ける姿勢。
闘牛士のマンボを「念願の曲を今日やっと吹けて嬉しい」とか、鈴懸の径を「私の演奏は鈴木章治の真似に過ぎないんです」とか、なんとも腰の低いコメント。そして演奏も、まるで少年のように、音楽に向けてウキウキワクワクして取り組んでいる様に見え、でもそこは80歳の大ベテラン、紡がれる音楽は永年培った技術に裏打ちされ、説得力ハンパない!

さらにもうひとつ感銘したのが、社長の奥さんのクラリネット。奥さんは永年、社長と二人三脚、表でも裏でも支えて来た人生…。私も、奥さんには社長と同じくらいお世話になってきています。
奥さんのソロ演奏はシューベルトのアヴェ・マリア。発音の瞬間から人の心にスッと忍び込む音、そして同じ音でゆっくり伸ばす3拍のあいだに、心の深くまで沁み渡る…涙が出そうでした。
(失礼ながら)そこそこのお歳で、体力も落ちてるし、卓越したテクニックをお持ちなワケでもない。
それなのにこんなに心に沁みる音が出せるのは、どういうコトなんでしょうか。

音楽って何なのだろう。
音楽を演奏するってどういうことなんだろう。
演奏技術って何のためにあるのだろう。

普段演奏技術で四苦八苦し、技術的な出来不出来に右往左往してる私…それでいいのか私?…的な、そんなこんな色々、深~く考えてしまう機会でもありました。

当日の演奏、皆様にひとつだけご紹介します。
アンコール、メモリーズオブユーです。



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 社長 演奏

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。