FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯が抜けた話 その4

ワイヤーが取れた後の楽器演奏について。

初めのうちは特に、出来るだけ左前歯に負荷をかけないよう、力をかける必要があるときは右前歯のほうに頑張ってもらってました。マウスピースパッチの右前歯部分はすーぐ穴がほげましたねー(笑)。

あと上前歯に感じるマウスピースの抵抗が、以前は歯で感じていたのに対し、上顎の骨全体に感じるような気がして、それがキモチワルかったです。しばらくするとその感覚はなくなりましたが。

欠けの修復で上の歯の形が若干変わったこと、転倒の衝撃かワイヤーの影響かはわからないけど歯並びもどうやら少し変わってるっぽいこと、から、アンブシュアもそれに合わせて試行錯誤。

総じて「なるべく噛まない」ことに気を付けるようにし、慣れるまでちょっとかかりましたが特に不自由なく演奏することはできました。

音楽仲間からは「あんなヒドイ怪我の後なのに、こんなに早く元のように吹けるようになったんやね!」とよく言われました。

が。

「元のように」ではないのです。
「元以上に」なのです。

アルティッシモ音域(最高音域)の上のほうが、楽に出せるようになりました。
楽譜で言うと上加線4本の「ソ」よりも、さらに上の音。

以前からそのあたりの音は「力をかけちゃダメ。軽ーく吹いて出す」ものだと聞いていましたが、とても出せなかった。どうしても力んでしまって。

それが、歯の怪我をキッカケに「噛みすぎない」口で吹くようになると、そのあたりの音が出るようになりました。ホントに「軽ーく吹いて出す」感覚を、初めて体感…!
コレには自分でもびっくり。

歯の怪我がなければ、この感覚はつかめなかった(またはもっと時間がかかった)でしょう。

文字通り「転んでもタダでは起きない」というか「怪我の功名」というか、そんな言葉がぴったりの出来事…。

派手に転んだ割に、歯一本の他はどこにもダメージがなかったこと。
救急車を呼んでもらえて迅速な処置ができたこと。
落ちた歯を見つけてもらい、拾ってもらえたこと。
大学病院でいい歯医者さんにあたったこと。(⬅後で行った歯科医院ではこんな再植は自分には出来ない、と言われた)
ワイヤー固定の治療期間が、ちょうど大きな本番がない時期で、安心して養生できたこと。
歯はキレイにくっついたこと。
歯をかばった吹きかたが奏法の改善につながったこと。

とてつもないラッキーの組み合わせで、心置きなく楽器が吹ける今日があります。
関係したすべての人たちに、感謝してもしつくせない気持ちです。

ありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 演奏

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。