中年になってからのセミ・ロング・トーン

ここ5か月ほどは、できるだけ毎日、家で練習するようにしています。
といっても仕事持ちの身なので、家に帰って、晩ゴハン作って、食べて、その後。
午後8時台以降の、40分から50分くらい。
いい近所迷惑だろーとは思うけど(笑)、今の所苦情は聞かないので、まあいいやと。(笑)

で、練習の内容ですが、最初のうちはスケール(もどき)と曲の練習が中心でしたが、
先月から、ロングトーン(もどき)が中心になってきました。

無音→弱音→強音のクレシェンド。強音→弱音→無音のデクレシェンド。
拍数は決めず、数えず。往復を一息ではムリなんで(←ヘタレ)往と復を別々に。
これをシャリュモー域の全部の音で。

このトシになってなんでこれをやる気になったかと言うと

5月にあった木管10重奏の練習のとき、相方のクラリネットの人がこれをやってたのです。
管に息を送り、息に響きを乗せ、徐々に響きをふくらませていく。
力まず、あくまでも静かに。でも響きは部屋中を包みこんでいく・・・・・

「ああ、いいなあ~」
「クラリネットの音って、こうやって作っていくんだなあ~~」
と素直に感動し、「私もやってみよう」と。(笑)

実はムスメのレッスンでも、全く同じコトを
センセから「やれ」と言われていたのですが(もちろんムスメにです)、
それ聞いても私はやろうとはその時は思わんかったのに。(笑)

で、
今のとこ約1ヶ月、だいたい毎日15分くらいをこの練習にあててきたのですが

意外な効果が現れました。

いま取り組んでいるある曲で、
クラリオン域のレ→ラの跳躍を含むレガートのフレーズが、
どうしてもラが飛び出てぎこちなくしか吹けなかったのが、

すんなり飛びださずに吹けるようになっていました。

この間、この曲を練習したコトはありません。
(セミ)ロングトーンを毎日続けただけで、
練習もしてない曲が吹けるようになった・・・!

(↑なにやら怪しいダイエット商品のキャッチセールスみたいですが・・・笑)
しかもシャリュモー域でしかやってないのにクラリオン域で効果が現れる不思議。

自分でもびっくりです。
このトシで、これから衰える一方だと思っていた自分にこんな伸びしろがあったなんて。
これでいい気になって、このテの練習をもっと拡大して(音域とか)やろうかな、、、って思ってます。

そのうち苦情がくるかしら。(笑)

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 練習