カユザックの音!

お久しぶりです。
めちゃ更新頻度が低いもんで、何をどこまで書いたのか、書いてないのか、覚えてないやい(笑)

えと。
ムスメには、プロのクラ奏者のレッスンを受けさせてます。
んで、そのセンセが主催するクラリネットアンサンブル(アマチュアの集まりです)に、私もへれっと参加させてもらってます。

センセは、地元の楽器店でやってる教室でもクラ教えてらして、
(ムスメはその教室とは別の、個人レッスンです)
クラアンサンブルも、教室の生徒さんたちの発表会とのジョイントって形で、本番やろかね~という話になっています。
んで、その本番で、「(アンサンブルだけじゃなく)ソロ、吹きたい人いる?」ってセンセの振りに、えいやっと手を挙げた私なのでした。
最初は「ソロなんてとんでもない!」と反射的に思ったのですが、前出の記事の「上司の言葉」を思い出し(笑)、
「1曲きちんと仕上げることでレベルアップにつながる」
「ピアノ伴奏でソロ吹ける機会なんて(今の私の人脈では)そうそうない」
「舞台度胸をつけたい」
「ちょうど吹きたかった曲がある」「その曲の楽譜の入手のめどがついた」
・・・・要するに「チャンスは有効に活用すべし!」との思いから、楽譜が届く前日に、センセに「吹きたいですっ!」とメールしたのでした。

ちなみにセンセの振りに一番に手を挙げたのはムスメ。
私も手挙げるって言ったらイヤがってました。「いつも親子セットで見られるのが嫌」って・・・知るか!(笑)

で、ちょうど吹きたかった曲ってのが、
ルイ・カユザック作曲「セヴェンヌ地方のパストラール」。

あ~前振り長かった(笑)。ここからやっと記事タイトルの本題です。

ルイ・カユザックは、フランスのクラリネット吹きで、クラリネットのための小品もいくつか作曲していて、どれもとても美しい(特に旋律の流れが美しい)。日本では「カンティレーヌ」という曲がたぶん一番有名です。

ナクソスでカユザックを検索すると、作曲した曲のほかに、彼が「演奏した」タイトルが、1曲だけ、ある・・・!
これは聴かねば!
ナクソスへのリンク
コッペル/Clarinet Concerto, Op. 35


・・・・・一聴して、びっくり。なんて音!
シャリュモー音域の、コーンと抜けきった、小気味よい感覚。
かといってクラリオン域があっけらかんかというとまるで逆で、輝きのひだを重ねたような、しっとりとした、でもしっかりした音。
古い録音なんで雑音がバチバチですが、クラリネットの細かい表情なんかはきちんと拾っている。
その表情も、なんつーかもう、ほろっとくるような感じで。。。

これは意外でした。カユザック、いきなり「好きなクラリネット吹き」のかなり上位にランクインです。(笑)

他にも音源がころがってないかな~、とYouTubeを検索すると、ヒットするのは彼の作品を他のクラリネット吹きが吹いているものばかり。ああ、こういう条件での検索って、むずかしいのね~~

ちなみに私が吹きたい「セヴェンヌ地方のパストラール」は、コレ。↓


ここでの奏者、ギィ・ダンガンは、カユザックの、直接の教え子にあたる人の一人、だったような、なかったような。。。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット クラシック ナクソス 名演 YouTube