練習音源を聴く

所属する木五のメンバーからのお誘いで、
「10人の管楽器プレーヤーでアンサンブルをしよう!」
というプロジェクト(名前は、まだ、ない。。。)に参加させてもらえることになりました。

編成は、木五×2。
本番は10月上旬の予定。場所は北九州某所。

第一回目の練習が、(ちょっと前になるけど)1月10日成人の日に、ありました。
本番の会場(に、なる予定)の、レトロな洋館のホールでの練習です。

おりしもその日は、九州では珍しい大雪。
(いや、その後の大寒波のことを思えば、今思い返すとあれは「中雪」か・・・笑)
雪道をクルマでえっちらおっちらと福岡から北九州まで出向くなんて、
ちょっと前のヘタレな自分には考えられない。成長した~私。(笑)

さて肝心の練習。
初顔あわせの人も数人いるなかで、曲の合わせ。
皆さん腕に覚えのある方ばかり集まっているので、そこそこ曲として進行していきます。
スゲ~なみんな!
クラリネットのもう一人の人がお休みだったのが、ちょっと淋しかったデス。。。

で、実は、この練習、録音されておりまして。
あとでメンバーから音源を配布されまして。

いや勉強になりました。がっつり打ちのめされました。(笑)

自分の音が客観的にどう聴こえるか、っていうのは、管楽器奏者にとってはとてもとても興味のあるコトです。
遠い距離からどう聴こえるかってのとは別に、自分で吹きながら聴く音って骨伝導の音が入るから。(特にクラリネットは楽器と歯が直接接するから余計に・・・^_^;)

なんで、初めのうちは音そのものへの興味で聴いていて、次に
「油断するとアタックがキツくなるなあ」とか「クレッシェンドの頂点が汚いなあ」とか、自分の音を、分析・反省。しかし、さらによくよ~く聴いていると。。。。

・・・・あたし、どんくさい。

びみょ~~に、テンポ感が、ズレてる。ちょっと後ろに、ズレてる。。。
うわ~~、オバサン感、丸出しだわあ~~
(他のメンバーは、皆若い。中には現役大学生もいるし)
ゴメンよ~~、みんな~~。。。

要するに、
アンサンブルってのは、「聴いてから合わせる」んじゃ、ダメだってこと。
そー言われるとそれは世間一般でもよく言われるコトではあったんだけど、現実に突きつけられると、いや、痛いなあ~、もう。
つ、次の練習のときには、リベンジ、するぞ・・・・っっ!

それにしても、自分の音を録音して聴く機会って、これまで本番演奏くらいしかなくって、聴いた後で「あれをこうすればよかった」「ここをこうすればよかった」って後悔(?)するのがフツーだったけど、よく考えたら、その「後悔」を練習時にやっておけば、本番ではよりよい演奏になるハズですね。
いままで練習を録音して研究するってのは自分の中になかった選択肢なので、目からウロコでもあったのでした。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 練習 木管五重奏