勢いのあるコンサート

先週の日曜日(8月8日)は、ムスメの中学吹奏楽部のサマーコンサートを聴きに行ってきました。
市営のコンサートホールこそ使うもののごくごく内輪のコンサートのようで、
主催は部のみ、広報いっさいナシ。入場制限はなくてもお客さんは部員の家族ほか関係者ばかり・・・なコンサートではありますが。

これが、意外にも(失礼!)、とてもいいコンサートでした!
技術的には「う~ん・・・」な部分が多々あれど、それを補って余りある「勢い」がある。

何と言っても、今年の生徒は積極的です。
音を出すにあたっての「迷い」がなくなりました。

キレイな音じゃなくても、
速いパッセージが吹けなくても、
音程がバラバラでも、
タテの線がそろってなくても、
アーティキュレーションがデタラメでも、
見事にハズれた音を出しちゃっても、
入りの小節を間違えても、

ものおじせず、(笑)

とにかく自分たちが今紡いでいる音楽に「ノッ」て、そこに「自分の音楽(上手い下手に関係なく)」を乗せて、楽しんで、参加していました。

去年までは、何やら「おどおど」しながら吹いていて、結果、「管楽器の音」が出てこない~・・・って感じだったのに、大した進歩です。(吹奏楽コンクール地区予選でも、万年銅賞を脱却し、今年はみごと銀賞を受賞しました。)

去年のサマコンは、曲がいつ止まるかとハラハラしながら聴いたものですが(笑)、今年は安心して聴けるだけじゃなく、生徒たちがとても楽しんで音楽をしていたのがこっちにも十分伝わってきて、観終わった後とても爽快な気分になる、いい演奏会でした。

親バカかしら?

でも客席にいる皆さんからも、同じような気分が伝わってきたと思うけどなあ。
これも親バカかしら?(笑)

どうでしょう、1曲聴いてみます?(笑)
  ↓


この曲は以前書いた記事でとりあげましたが、実は上手い団体が演奏しても、リズムを刻むパートが休みの箇所は勢いやテンポ感を持続するのが難しい曲なのです。
それが、ムスメたちの演奏は、テンポこそゆっくりめのマーチテンポですが、「勢い」は衰えず持続しているのに、正直びっくりしました。
これも親バカ?(笑)
(まあ楽譜をもらって9か月も練習期間があったのにこのクオリティってどうなのよ?ってのは置いといて。(笑)

あ、あと本番の指揮をしてるのは生徒です。
本番数日前に希望を募って振らせるのだとか。←このこと自体私は賛成しがたいのですが、これも生徒が積極的にやってるみたいなので、まあいいかと。
振り始めに「いち、にい、さん、し」なんて号令かけるのも、まあご愛嬌なのです。(爆)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 ムスメ 学生バンド 本番