FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘寿リサイタル

ちょっと時間が空いてしまいました。

前回の記事に書いたコンサート、昨年11月に盛会のうちに終了しました。
お世話になった社長の、80歳記念コンサート。
furukawa80_1.jpg

furukawa80_2.jpg


前半は社長とご家族、音楽仲間たち(⬅私もその一人)によるソロやアンサンブルステージ。
後半は社長と仲間たちのジャズバンドによるステージ。

とても温かく、そして熱い会でした!

感銘したのは、社長の音楽と、音楽に向ける姿勢。
闘牛士のマンボを「念願の曲を今日やっと吹けて嬉しい」とか、鈴懸の径を「私の演奏は鈴木章治の真似に過ぎないんです」とか、なんとも腰の低いコメント。そして演奏も、まるで少年のように、音楽に向けてウキウキワクワクして取り組んでいる様に見え、でもそこは80歳の大ベテラン、紡がれる音楽は永年培った技術に裏打ちされ、説得力ハンパない!

さらにもうひとつ感銘したのが、社長の奥さんのクラリネット。奥さんは永年、社長と二人三脚、表でも裏でも支えて来た人生…。私も、奥さんには社長と同じくらいお世話になってきています。
奥さんのソロ演奏はシューベルトのアヴェ・マリア。発音の瞬間から人の心にスッと忍び込む音、そして同じ音でゆっくり伸ばす3拍のあいだに、心の深くまで沁み渡る…涙が出そうでした。
(失礼ながら)そこそこのお歳で、体力も落ちてるし、卓越したテクニックをお持ちなワケでもない。
それなのにこんなに心に沁みる音が出せるのは、どういうコトなんでしょうか。

音楽って何なのだろう。
音楽を演奏するってどういうことなんだろう。
演奏技術って何のためにあるのだろう。

普段演奏技術で四苦八苦し、技術的な出来不出来に右往左往してる私…それでいいのか私?…的な、そんなこんな色々、深~く考えてしまう機会でもありました。

当日の演奏、皆様にひとつだけご紹介します。
アンコール、メモリーズオブユーです。



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 社長 演奏

己の小ささを知る

このブログでもちょくちょく登場いただいている(随分昔の記事にやけど 笑)鳥栖の楽器工房社長。

今度その社長の80歳記念(!)コンサートを、こじんまりとだけど開催する、ということで、私もクラリネット4重奏で1曲参加させていただくことになりました。

メンバーは
1st Cla 社長
2nd Cla ワタシ
3rd Cla 昔の楽団仲間(⬅会ったの30年ぶりくらい! 笑)
4th Cla 社長の奥サン

曲は古い童謡を3曲メドレーにしたもので、先日合わせ練習をしてきました。

合わせていくうちに、(1st担当の)旋律のテンポが、どんどん遅く、重くなっていく…
奥サンがしきりに「あんた!重くなりようよ!」とおっしゃるも、奥サン(低音パート)も随所に遅れが…(^_^;)

うーん、やっぱり大ベテランと言えど(失礼ながら)年齢が年齢なので、テンポをゆったり感じちゃうのはしょうがないかー、と思いつつ、合奏の合間に「もっと軽快に」「前に前に」と声かけしたり、自分がリードする箇所では前向きに進んでみたり、とにかく重さを回避することに意識を向けて、本番前最後の練習は終わったのでした。

ところがですよ。

あとでその練習の録音を聴いて、軽くショック。

演奏中は「重たいー」と感じていた旋律、確かにテンポは遅いのだけど、重さは感じない!
情感たっぷりに歌いこまれて、これはこれで納得、しんみりと気長に聴いていたくなる『歌』になっている…低音を支える奥サンも、絶妙にその歌の間合いを取っている…

一方でワタシに旋律がまわってきた場面では、(それなりに情感込めたつもりだけど)なんとも平板で面白味のないモノになっている…

何がショックだったかって、演奏中に「自分が知っている」「常識的・一般的な」曲の姿にとらわれてそっちに向けることばっかり心配し、現実に今その場で紡がれている『歌』に意識が向かなかった、気付かなかったこと。

自分の器の小ささを痛感。
もっと精進しないと…!!

そしてあらためて、海千山千で80歳になっても演奏活動を続け、聴く人を魅了してきた人の底力に、心底脱帽です。

つーか、本番前にこのことに気がつくことができて、よかった~

201711140049388cd.png

(練習動画からのスクリーンショット。押しても動きませんよ! 笑)


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 練習 社長

Fleur de fete ~花の饗『演』~

先日、「花」をテーマにしたとても素敵な催しに、木5で参加させていただきました。



出演は…
フラワーアーティスト 柿本民子
ソプラノ 永田早智代
バリトン 大飼道雄
シンガー 今西彩花
ピアノ 大岩有里子
木管5重奏 クローバークインテット

↑どんなジャンルの、どんな催し!?…と、思うでしょ?(笑)

一言で言っちゃうと「異種間コラボ」なのですが

主催の方の「お花と音楽とで、何か一緒にやれたらいいね」との思い付きから、その思いに賛同する仲間(これもまた多彩なジャンルのパフォーマーたち)が集まり、なんとも豪華な文字通りの『饗演』が実現しました。

ソプラノ、バリトンご夫妻と木管5重奏による「カルメン」だったり
20171103160931207.jpeg

木管5重奏の演奏をバックにトルソーをお花でドレスアップしていったり
20171103160217eba.jpeg

ドレスアップ完了。
20171103161015747.jpeg

前半は歌とピアノとお花のコラボ。
20171103160736ed1.jpeg

会場は声楽家ご夫妻の活動発信の場でもある「ラック ミュージックプレイス」。
沢山のお花と、お客様の笑顔が満ちあふれていました。

ラストは出演者全員での演奏。終演後にパシャリ。
201711031605384aa.jpeg

当日は台風の影響であいにくの雨でしたが、沢山のお客様に来ていただきました。

この催しは、「既存のスタイルのなにかを演じる」ではなく、「今ここに居る仲間たち、このメンバーで何が出来るだろう」「今まで経験したことのない素敵な何かが生まれるのではないか?」というところからスタートした、らしいです。
お互い見知らぬ世界の人同士、自分の持ち分を精一杯表現して、そのことでその人達と繋がっていく…これは自分の、世界も広がります!
素敵な何かは、確かに生まれました。夢のような体験でした。
お声かけいただいた主催の大岩様に感謝感謝です。

今回、木5と歌でオペラ曲をするにあたり、既存の(木5用編曲の)楽譜はそのままでなくちょっと手直ししたり、曲によってはまるまるオケスコから音拾って楽譜を作る作業を担当しました。(手直し分は口頭打ち合わせだけのつもりでしたが、楽譜には万全を期したかったので…前回の記事参照 笑)
録音聴いてみると、まるまる起こした曲は、やっぱり響きに不満が残るなー(^_^;)
編曲のノウハウとかそんなのを、もっと勉強したいなー、と、思った本番でもありました。

最後に、当日の動画、とりあえず木5だけでの演目をご紹介します。
プーランク作曲、ノヴェレッテ ハ長調。
クラの音と二の腕がデカいのは、カメラがすぐ横にあるせいですよ~(笑)







テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット クラシック 本番 木管五重奏 楽譜 演奏

楽譜が違う!事件(笑)

先月のことになりますが、木5でご一緒しているホルン嬢の結婚式がありまして。
我々木5メンバー4人は二次会にお招きいただき、お祝い演奏もすることになったのですが。。。

選曲は決めていたものの、全員が集まる機会が取れなくて、本番当日の会場で初めて全員集合。
なんとか一回は通しておかなくちゃ…と、時間に追われつつも合わせてみると

…?

音が、足りないところがある。
あるはずの旋律が、誰の楽譜にも書いてない。

曲はモーツァルトのアイネクライネナハトムジーク。
2年前に同じ編成でやったときは問題なかったのに。。。なぜ!?

よくよく見ると、フルートの楽譜が、どうやら違う編曲のものの様子。

!!

本番はすぐ目の前に迫っている…どうする?

メンバー同士で昔のメール送受信履歴からファイルが残ってないか探したり
こんなこともあろうかと(⬅思ってたんかい!! 笑)持ってきていた弦楽合奏スコアから足りないところを書き出そうと試みたり

でも時間は容赦なく迫る。焦る。書き出しとかムリ。(笑)

どうやらファイルが見つかったらしいので、フルート氏、スマホからそれをプリントアウトすべくコンビニに走る!

開演目前、なんとかフルート氏間に合って、何事もなかったかのように(笑)オープニングの演奏から参加。

モンダイのモーツァルトは、結局事前の合わせが一度もないままぶっつけ本番、しかもフルート氏にいたっては練習も別の楽譜で進めてたので、楽譜自体初見状態での演奏でした。

うん、まあ、それなりの出来でした。(笑)

お祝いごとだからまあ楽しいアクシデントだった(アトラクション? 笑)ねーと笑い話に出来ることですが、以後楽譜の準備は

慎重に

構えようと心に誓ったのでした。
(え、わ、私だけ??)

写真は新郎を交えた木5メンバー。
陽子ちゃん、おめでとう!

20171103141530ffa.jpeg


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 木管五重奏 本番 楽譜

チューナーの、つかいかた。

日々の個人練習では、だいたいチューナーを目の前に置いてつけっぱなしにしています。
目的は、自分と楽器の音程のクセを把握するため。
まあ常にがっつり見ているワケでなく、視界の一部に入れとく程度ですが。
他の音に比べて針が極端に違うふれ方をする音は、要注意、的な。

昨日の練習で、こんなコト↓がありました…

*********************
いつものセッティングで楽器を準備して練習室(台所)にこもり、いつものようにチューナーをつけっぱにして吹く

なんだかムリして音を出してる自分に気づく

そういえば急に寒くなったのに夏用の長いバレルのままだった

バレル交換にあっちの部屋に行くのめんどい

チューナーの設定を442から441に落とす…(笑)


すんません明日からは短いバレルに替えます(笑)
20171018182239d63.jpg

(以上、FBに投稿した内容)
*********************

…これ、あとになってよくよく考えてみると、全体的にチューナーに合いにくい場面でムリをして吹くってことは、「クセを把握する」なんて冷静な使い方をしているんでなく、どの音もチューナーの針を真ん中に寄せようとする吹き方を無意識のうちにしてるってこと…だよねー

視覚情報に吹き方をがっつり操作されている!

「視覚情報に振り回されて音そのものを聴かなくなるから」合奏のときにチューナーはNGってのは重々わかっておったつもりですが、個人練にもあてはまるとは不覚。

うーん、チューナーの使い方、ちょっと考えなおさないといけないすねー(^_^;)


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : 楽器 練習 クラリネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。