未知の曲に取り組んで得るもの

長らく放置しておりまして(笑)、スミマセン。

先日、19日の日曜日に、大きな本番をひとつ終えることができ、ホッとしております。

所属する吹奏楽団の、定期演奏会。

専任の音楽監督氏(プロです)が編曲と指揮を手掛ける、クラシックがメインの楽団です。
今回は(アタシ初めてだけど)大曲ぞろい。
主な(クラシックの)曲目は
★プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」より「モンターギュ家とキャピュレット家」
★L.モーツァルト:おもちゃのシンフォニー第1楽章
★プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より
★シューマン:交響曲第3番「ライン」第1楽章
★ブラームス:交響曲第1番第4楽章

・・・いやあ~、吹いた、吹いた。
ここまで多岐にわたるジャンルのクラシック曲をがっつり吹けて、
余は満足なのぢゃ。(笑)

上の曲のうち、「ジャンニ・スキッキ」と「ライン」は、聴いたこともない、
全く初めて向き合う曲でした。
プッチーニのオペラには序曲なるものがない、っつーのも、今回初めて知った。
幸い、「ジャンニ」はオペラ全体でも1時間弱というお手軽な作品なので、
ナクソスやらYouTubeやらで聴いて、観て、イメトレ。
そしたらね~、なんつーか「プッチーニ節」って、いいなあ~~、、って。
すごく色彩豊かだし、旋律は魅力的だし。
だいたい1番有名なアリア「私のお父さん」、よく考えると
恋人との結婚の危機を父親になんとかしてもらおうという
他力本願の能天気娘の嘆き(つーか、「私死んじゃうわ」って、コレ脅し?)
ともとれるですが、この甘い旋律にのせて歌われると、
子煩悩父でなくても、「うんうん、なんとかしてあげるよ」って気になっちゃう。(笑)
すごいですね、旋律のチカラ。

シューマンの「ライン」についても以前書いたけど、
吹奏楽でこういう取組をしなければ、プッチーニのオペラなんて、
聴くことなかったと思う。
吹奏楽で何演奏しようか、っていうときには、普通、
「自分の知ってる曲」「好きな曲」を選ぶ、やりたいと思う、ものなんですが、
こんな風に未知の曲に取り組むのも、
「好きな曲」がひとつ増える、作曲家が好きになると
ひとつどころかたくさん増える、という幸せに恵まれるチャンスがあるということ。

特にクラシック曲の場合、長年多くの人に親しまれ愛されて来ているので、
マトモに取り組むと、ホントにいろんな「宝物」がザクザクと出てくるような
発見や、感動がたくさんある。幸せなことです。

同じ楽団でいっしょにクラ吹いてる中2のムスメの心にもちゃんと響いているみたいで、
ブラームス1番やら、ジャンニやら、ラインやら、鼻歌で歌ってたり。(笑)
こんな恵まれてる中学生、なかなかいないんじゃなかろうか。(笑)

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 クラシック 本番

お客さんに恵まれる楽団

8月終りのことですが

去年から何度か呼んでいただいている「遠方の吹奏楽団」からまたお声がかかり、
お手伝いに行ってきました。
今度は今までで一番の遠隔地(笑)の町にある、市民センターの小さなホールにて学童交流会での演奏です。

今回クラリネットは「社長」と私とムスメの3人のみ。(!)
しかも私とムスメの2人は、本番当日のリハから初めて参加、(!!)
曲によってはリハすらも「なし」でいきなり本番で初見の曲を吹く・・・(!!!)
という、世にもオソロしいミッションだったのでありました。

そんな感じの演奏会なので、楽団全体としての演奏もかなり傷だらけなものではありましたが、
それでも、とても感激したことがありました。

お客さんの反応です。

始めから終りまでとても楽しんでくれた様子で、プログラム1曲目から、
マーチには手拍子を入れてくれるわ、知ってる歌は一緒に歌ってくれるわで、
楽団員以上に演奏をもりたててくれました。

実はこの演奏会の様子、ICレコーダーで録っているのですが、
あとで聴き返しても、やっぱりお客さんが1番のパフォーマーでした。(笑)

思えばここの楽団での演奏はいつもこんな風・・・・なんでだろう?
指揮の「おだチャン先生」の人徳かしら?(笑)
だから、遠隔地で移動がキツくても、「また参加したい!」という気持ちになります。
やっぱり「お客さんが楽しんでくれる」ってのが、
一番の演奏家(プロアマ関係なく)冥利だと思うので。

その「お客さんが楽しんでくれている様子」を、1曲だけ紹介します。
「クラリネットをこわしちゃった」

演奏は吹奏楽ではなく、「楽器紹介」としてのクラリネットソロで、
吹きながら楽器を分解していく曲です(かの「インマー・クライナー」と同じ進行)。
クラリネットの「おじちゃん」は「社長」ことタッチャン古川。
今年73歳になるのに今も現役でジャズバンドを率いて九州各地を飛び回っているプロで、
演奏のクオリティには自信あり!(私が自慢してどーする・・・笑)
お客さんのパフォーマンスも最高!
この暖かい雰囲気をぜひお確かめください。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 クラリネット 演奏 本番 YouTube 社長

勢いのあるコンサート

先週の日曜日(8月8日)は、ムスメの中学吹奏楽部のサマーコンサートを聴きに行ってきました。
市営のコンサートホールこそ使うもののごくごく内輪のコンサートのようで、
主催は部のみ、広報いっさいナシ。入場制限はなくてもお客さんは部員の家族ほか関係者ばかり・・・なコンサートではありますが。

これが、意外にも(失礼!)、とてもいいコンサートでした!
技術的には「う~ん・・・」な部分が多々あれど、それを補って余りある「勢い」がある。

何と言っても、今年の生徒は積極的です。
音を出すにあたっての「迷い」がなくなりました。

キレイな音じゃなくても、
速いパッセージが吹けなくても、
音程がバラバラでも、
タテの線がそろってなくても、
アーティキュレーションがデタラメでも、
見事にハズれた音を出しちゃっても、
入りの小節を間違えても、

ものおじせず、(笑)

とにかく自分たちが今紡いでいる音楽に「ノッ」て、そこに「自分の音楽(上手い下手に関係なく)」を乗せて、楽しんで、参加していました。

去年までは、何やら「おどおど」しながら吹いていて、結果、「管楽器の音」が出てこない~・・・って感じだったのに、大した進歩です。(吹奏楽コンクール地区予選でも、万年銅賞を脱却し、今年はみごと銀賞を受賞しました。)

去年のサマコンは、曲がいつ止まるかとハラハラしながら聴いたものですが(笑)、今年は安心して聴けるだけじゃなく、生徒たちがとても楽しんで音楽をしていたのがこっちにも十分伝わってきて、観終わった後とても爽快な気分になる、いい演奏会でした。

親バカかしら?

でも客席にいる皆さんからも、同じような気分が伝わってきたと思うけどなあ。
これも親バカかしら?(笑)

どうでしょう、1曲聴いてみます?(笑)
  ↓


この曲は以前書いた記事でとりあげましたが、実は上手い団体が演奏しても、リズムを刻むパートが休みの箇所は勢いやテンポ感を持続するのが難しい曲なのです。
それが、ムスメたちの演奏は、テンポこそゆっくりめのマーチテンポですが、「勢い」は衰えず持続しているのに、正直びっくりしました。
これも親バカ?(笑)
(まあ楽譜をもらって9か月も練習期間があったのにこのクオリティってどうなのよ?ってのは置いといて。(笑)

あ、あと本番の指揮をしてるのは生徒です。
本番数日前に希望を募って振らせるのだとか。←このこと自体私は賛成しがたいのですが、これも生徒が積極的にやってるみたいなので、まあいいかと。
振り始めに「いち、にい、さん、し」なんて号令かけるのも、まあご愛嬌なのです。(爆)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 ムスメ 学生バンド 本番

「いい音」仕様のハッピーバースディ

最近、休日はムスメの部活におじゃまして一緒にクラ吹いてます。

いいオバハンが何やってんだ・・・・・・と言われそうですが、
1月にあるブラスフェスティバルに、
ママさんたちも生徒にまじって一緒に参加していいですよ、とのことなので
このさい恥と外聞を捨てて(最初から持ってない!?)参加させてもらうのです。

で、この前の練習でのヒトコマ。

合奏が終わり、終りのあいさつをしようとしたその時、部員の一人が
「先生、21日はNさんの誕生日でした!」と
仲間が誕生日を迎えたことを告げると

先生はおもむろにキーボードでB-Durのコードを弾いてみせて
「じゃ、これで」と、先生の合図のもと、
皆で一斉に「♪ハッピーバースディトゥーユー・・・」と
手持ちの楽器で歌(演奏)のプレゼント。
20091226murq.png

実にほのぼのとしたひとコマでした。い~い部ですねえ。

ところで、ムスメの部は、吹奏楽としてあんまり上手な方じゃありません。
むしろ課題山積というか。(笑

特に、音が出ないのです。
パートを指定して「ここんとこ吹いてみ」と吹かせても、
なにやら譜と違う音が、自信なさげに「・・・ふぉー・・・」と出てきたり、
出てこなかったり。(笑・・・いやホントは笑ってる場合ちゃうんやけど)

だけどね、
↑の「ハッピーバースディ」を吹いたときは、
楽譜もないのに、練習もしてないのに、
実に(普段と比べると)「ちゃんとした」音で吹けてたワケですよ。
あとでムスメに聞いたら、こういう時は
(たいてい楽器を片付けた後なので)歌を歌ってプレゼント、の方が多いらしい。

つまりは「歌でなら歌える」「知っているフレーズ」を
「楽譜なしに」(=「余計な諸指示を考えず」)吹くと、
いい音が出る!
ということでしょうか。

音を出すって、テクニックうんぬんよりもまずイメージが一番大事で、
イメージを持って吹くと(体や口の形、息使いとかが)「いい音」仕様になる
・・・ってコトを実感したひとコマでもありました。

あ、もちろん、Nさんへの「おめでとう」の気持も、
とても大事な要素だったと思います。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 学生バンド 練習 ムスメ

田んぼとクラシック

10月11日の日曜に、またもや遠征してきました。

前週に行った地域にある、中学校の吹奏楽部演奏会の助っ人演奏です。
まだ「かけだし」で技術的にはまだまだだけど、なんとか子供たちにクラシックを経験させたい、
ついてはクラシックだけ子供たちに混ざって、お手本&音の補強をしてほしい、との
顧問のセンセイの思いに応えた社長からのお誘い(また(笑))で、行ってまいりました。

曲目を聞いたのは本番2日前、
「タンホイザー大行進曲」「どろぼうかささぎ序曲(抜粋)」。
楽譜がまだ手元にないのでとりあえずひたすら聴いてイメトレ。(笑
 (イメトレのテキスト・・・ナクソスって便利ね~)
  ↓
ワーグナー:Tannhauser Festive March
ロッシーニ:歌劇「泥棒かささぎ」 - 序曲
   (注:携帯からは聴けません)

当日の朝楽譜をもらって、午前中のリハ&練習でちょろっと合わせて、
さらにその場の勢いでもう2曲吹くことになり(「カンタスジュビランテ」「青空と太陽」)、
本番に臨む・・・・・という、なんとも乱暴なミッション(笑

会場は、田んぼの中にドカンと建ってる町の総合文化施設で、
クラシック用の立派なコンサートホールを備えています。(通称インガットホール
ブラスバンドでも響きすぎることのない、いい音響でしたよ!

中学生の演奏も、周囲の田んぼのように(失礼!)のびのびとしていて、
かつ、発展途上を思わせる勢いがありました。
「タンホイザー」で、曲の途中以降のトランペットファンファーレを2階席(しかも両サイド)から
聴かせる演出は、なかなかカッコよかったです。
20091013rq.png

私自身、10年以上ぶりのコンサートホールだというのに緊張のキの字もなく
(なにせ心臓に毛の生えてくる年代なので(笑))、楽しく演奏できました。(^-^)
やっぱクラシックは聴くだけでなく自分で演奏した方が何倍も楽しい!

今回「どろぼうかささぎ」は大幅にカットしたけど、次の機会があったらカットなしで演りたいです。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 演奏 吹奏楽 クラシック クラリネット 本番 学生バンド 社長