スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘寿リサイタル

ちょっと時間が空いてしまいました。

前回の記事に書いたコンサート、昨年11月に盛会のうちに終了しました。
お世話になった社長の、80歳記念コンサート。
furukawa80_1.jpg

furukawa80_2.jpg


前半は社長とご家族、音楽仲間たち(⬅私もその一人)によるソロやアンサンブルステージ。
後半は社長と仲間たちのジャズバンドによるステージ。

とても温かく、そして熱い会でした!

感銘したのは、社長の音楽と、音楽に向ける姿勢。
闘牛士のマンボを「念願の曲を今日やっと吹けて嬉しい」とか、鈴懸の径を「私の演奏は鈴木章治の真似に過ぎないんです」とか、なんとも腰の低いコメント。そして演奏も、まるで少年のように、音楽に向けてウキウキワクワクして取り組んでいる様に見え、でもそこは80歳の大ベテラン、紡がれる音楽は永年培った技術に裏打ちされ、説得力ハンパない!

さらにもうひとつ感銘したのが、社長の奥さんのクラリネット。奥さんは永年、社長と二人三脚、表でも裏でも支えて来た人生…。私も、奥さんには社長と同じくらいお世話になってきています。
奥さんのソロ演奏はシューベルトのアヴェ・マリア。発音の瞬間から人の心にスッと忍び込む音、そして同じ音でゆっくり伸ばす3拍のあいだに、心の深くまで沁み渡る…涙が出そうでした。
(失礼ながら)そこそこのお歳で、体力も落ちてるし、卓越したテクニックをお持ちなワケでもない。
それなのにこんなに心に沁みる音が出せるのは、どういうコトなんでしょうか。

音楽って何なのだろう。
音楽を演奏するってどういうことなんだろう。
演奏技術って何のためにあるのだろう。

普段演奏技術で四苦八苦し、技術的な出来不出来に右往左往してる私…それでいいのか私?…的な、そんなこんな色々、深~く考えてしまう機会でもありました。

当日の演奏、皆様にひとつだけご紹介します。
アンコール、メモリーズオブユーです。



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 社長 演奏

己の小ささを知る

このブログでもちょくちょく登場いただいている(随分昔の記事にやけど 笑)鳥栖の楽器工房社長。

今度その社長の80歳記念(!)コンサートを、こじんまりとだけど開催する、ということで、私もクラリネット4重奏で1曲参加させていただくことになりました。

メンバーは
1st Cla 社長
2nd Cla ワタシ
3rd Cla 昔の楽団仲間(⬅会ったの30年ぶりくらい! 笑)
4th Cla 社長の奥サン

曲は古い童謡を3曲メドレーにしたもので、先日合わせ練習をしてきました。

合わせていくうちに、(1st担当の)旋律のテンポが、どんどん遅く、重くなっていく…
奥サンがしきりに「あんた!重くなりようよ!」とおっしゃるも、奥サン(低音パート)も随所に遅れが…(^_^;)

うーん、やっぱり大ベテランと言えど(失礼ながら)年齢が年齢なので、テンポをゆったり感じちゃうのはしょうがないかー、と思いつつ、合奏の合間に「もっと軽快に」「前に前に」と声かけしたり、自分がリードする箇所では前向きに進んでみたり、とにかく重さを回避することに意識を向けて、本番前最後の練習は終わったのでした。

ところがですよ。

あとでその練習の録音を聴いて、軽くショック。

演奏中は「重たいー」と感じていた旋律、確かにテンポは遅いのだけど、重さは感じない!
情感たっぷりに歌いこまれて、これはこれで納得、しんみりと気長に聴いていたくなる『歌』になっている…低音を支える奥サンも、絶妙にその歌の間合いを取っている…

一方でワタシに旋律がまわってきた場面では、(それなりに情感込めたつもりだけど)なんとも平板で面白味のないモノになっている…

何がショックだったかって、演奏中に「自分が知っている」「常識的・一般的な」曲の姿にとらわれてそっちに向けることばっかり心配し、現実に今その場で紡がれている『歌』に意識が向かなかった、気付かなかったこと。

自分の器の小ささを痛感。
もっと精進しないと…!!

そしてあらためて、海千山千で80歳になっても演奏活動を続け、聴く人を魅了してきた人の底力に、心底脱帽です。

つーか、本番前にこのことに気がつくことができて、よかった~

201711140049388cd.png

(練習動画からのスクリーンショット。押しても動きませんよ! 笑)


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 練習 社長

お客さんに恵まれる楽団

8月終りのことですが

去年から何度か呼んでいただいている「遠方の吹奏楽団」からまたお声がかかり、
お手伝いに行ってきました。
今度は今までで一番の遠隔地(笑)の町にある、市民センターの小さなホールにて学童交流会での演奏です。

今回クラリネットは「社長」と私とムスメの3人のみ。(!)
しかも私とムスメの2人は、本番当日のリハから初めて参加、(!!)
曲によってはリハすらも「なし」でいきなり本番で初見の曲を吹く・・・(!!!)
という、世にもオソロしいミッションだったのでありました。

そんな感じの演奏会なので、楽団全体としての演奏もかなり傷だらけなものではありましたが、
それでも、とても感激したことがありました。

お客さんの反応です。

始めから終りまでとても楽しんでくれた様子で、プログラム1曲目から、
マーチには手拍子を入れてくれるわ、知ってる歌は一緒に歌ってくれるわで、
楽団員以上に演奏をもりたててくれました。

実はこの演奏会の様子、ICレコーダーで録っているのですが、
あとで聴き返しても、やっぱりお客さんが1番のパフォーマーでした。(笑)

思えばここの楽団での演奏はいつもこんな風・・・・なんでだろう?
指揮の「おだチャン先生」の人徳かしら?(笑)
だから、遠隔地で移動がキツくても、「また参加したい!」という気持ちになります。
やっぱり「お客さんが楽しんでくれる」ってのが、
一番の演奏家(プロアマ関係なく)冥利だと思うので。

その「お客さんが楽しんでくれている様子」を、1曲だけ紹介します。
「クラリネットをこわしちゃった」

演奏は吹奏楽ではなく、「楽器紹介」としてのクラリネットソロで、
吹きながら楽器を分解していく曲です(かの「インマー・クライナー」と同じ進行)。
クラリネットの「おじちゃん」は「社長」ことタッチャン古川。
今年73歳になるのに今も現役でジャズバンドを率いて九州各地を飛び回っているプロで、
演奏のクオリティには自信あり!(私が自慢してどーする・・・笑)
お客さんのパフォーマンスも最高!
この暖かい雰囲気をぜひお確かめください。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 クラリネット 演奏 本番 YouTube 社長

田んぼとクラシック

10月11日の日曜に、またもや遠征してきました。

前週に行った地域にある、中学校の吹奏楽部演奏会の助っ人演奏です。
まだ「かけだし」で技術的にはまだまだだけど、なんとか子供たちにクラシックを経験させたい、
ついてはクラシックだけ子供たちに混ざって、お手本&音の補強をしてほしい、との
顧問のセンセイの思いに応えた社長からのお誘い(また(笑))で、行ってまいりました。

曲目を聞いたのは本番2日前、
「タンホイザー大行進曲」「どろぼうかささぎ序曲(抜粋)」。
楽譜がまだ手元にないのでとりあえずひたすら聴いてイメトレ。(笑
 (イメトレのテキスト・・・ナクソスって便利ね~)
  ↓
ワーグナー:Tannhauser Festive March
ロッシーニ:歌劇「泥棒かささぎ」 - 序曲
   (注:携帯からは聴けません)

当日の朝楽譜をもらって、午前中のリハ&練習でちょろっと合わせて、
さらにその場の勢いでもう2曲吹くことになり(「カンタスジュビランテ」「青空と太陽」)、
本番に臨む・・・・・という、なんとも乱暴なミッション(笑

会場は、田んぼの中にドカンと建ってる町の総合文化施設で、
クラシック用の立派なコンサートホールを備えています。(通称インガットホール
ブラスバンドでも響きすぎることのない、いい音響でしたよ!

中学生の演奏も、周囲の田んぼのように(失礼!)のびのびとしていて、
かつ、発展途上を思わせる勢いがありました。
「タンホイザー」で、曲の途中以降のトランペットファンファーレを2階席(しかも両サイド)から
聴かせる演出は、なかなかカッコよかったです。
20091013rq.png

私自身、10年以上ぶりのコンサートホールだというのに緊張のキの字もなく
(なにせ心臓に毛の生えてくる年代なので(笑))、楽しく演奏できました。(^-^)
やっぱクラシックは聴くだけでなく自分で演奏した方が何倍も楽しい!

今回「どろぼうかささぎ」は大幅にカットしたけど、次の機会があったらカットなしで演りたいです。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 演奏 吹奏楽 クラシック クラリネット 本番 学生バンド 社長

遠征して吹いて来ました・・・あっ、ムスメと初共演だ!

こないだの土曜日のことですが、
昔市民楽団でお世話になった楽器工房の社長のツテで、
ちっちゃな演奏会に助っ人参加させてもらえるコトになりました。

「初見で吹ける曲ばっかりやけん、吹きにこんね〜。ムスメさんも一緒においで〜。」

2つ返事でOKして、行ってきました。
社長宅(県外)を経由して、筑後川下流の会場まで、車で2時間弱をテッテケと。

あたり一面田んぼと河と時々酒蔵(笑)
 (もすこし下流に行ったら、「のだめ」の実家です(笑))

その日の催しは、「地域のつどい」的な集まりでの演奏でした。
地元の楽団に混ざって吹くのですが、この日のクラリネットパートは、
我ら助っ人軍団が4人(社長、社長の奥さん、私、ムスメ)、地元団員は1人、って編成。(笑)

行ったその場で楽譜を借りて、1時間ちょっと音合わせして、本番。

この話が来た時に、初心者のムスメには一応「参加する?できるの?」と訊いたのですが、
絶対出る!
もー最初から出る気マンマン。譜読みが超ニガテのクセに。(笑

でもまあ、その意気やよし、です。
出来ようが出来まいが意欲的にチャレンジするのは、上達の必須条件ですし。

私は今回社長の隣で社長と同じパート吹いたのでスゲー楽ちんだったのですが、
ムスメが少しでも吹けてたかどうかは、定かではありません。(汗
ムスメの音は聞こえませんでした

あとでムスメに聞いたら、ムズカシいところ以外(伸ばすだけ、とか)は「吹いたよ」とのこと。

そんなムスメでも、社長、奥さん、楽団の指揮者先生ほかの皆さまに快く迎えていただいて、
幸せなことでした。
またいつか一緒に吹きたいです。

(にほんブログ村 吹奏楽)
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
★にほんブログ村★

(人気ブログランキング クラシック)
★人気ブログランキングへ★

続きを読む »

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 演奏 本番 クラシック クラリネット 吹奏楽 ムスメ 社長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。