スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘寿リサイタル

ちょっと時間が空いてしまいました。

前回の記事に書いたコンサート、昨年11月に盛会のうちに終了しました。
お世話になった社長の、80歳記念コンサート。
furukawa80_1.jpg

furukawa80_2.jpg


前半は社長とご家族、音楽仲間たち(⬅私もその一人)によるソロやアンサンブルステージ。
後半は社長と仲間たちのジャズバンドによるステージ。

とても温かく、そして熱い会でした!

感銘したのは、社長の音楽と、音楽に向ける姿勢。
闘牛士のマンボを「念願の曲を今日やっと吹けて嬉しい」とか、鈴懸の径を「私の演奏は鈴木章治の真似に過ぎないんです」とか、なんとも腰の低いコメント。そして演奏も、まるで少年のように、音楽に向けてウキウキワクワクして取り組んでいる様に見え、でもそこは80歳の大ベテラン、紡がれる音楽は永年培った技術に裏打ちされ、説得力ハンパない!

さらにもうひとつ感銘したのが、社長の奥さんのクラリネット。奥さんは永年、社長と二人三脚、表でも裏でも支えて来た人生…。私も、奥さんには社長と同じくらいお世話になってきています。
奥さんのソロ演奏はシューベルトのアヴェ・マリア。発音の瞬間から人の心にスッと忍び込む音、そして同じ音でゆっくり伸ばす3拍のあいだに、心の深くまで沁み渡る…涙が出そうでした。
(失礼ながら)そこそこのお歳で、体力も落ちてるし、卓越したテクニックをお持ちなワケでもない。
それなのにこんなに心に沁みる音が出せるのは、どういうコトなんでしょうか。

音楽って何なのだろう。
音楽を演奏するってどういうことなんだろう。
演奏技術って何のためにあるのだろう。

普段演奏技術で四苦八苦し、技術的な出来不出来に右往左往してる私…それでいいのか私?…的な、そんなこんな色々、深~く考えてしまう機会でもありました。

当日の演奏、皆様にひとつだけご紹介します。
アンコール、メモリーズオブユーです。



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器 社長 演奏

チューナーの、つかいかた。

日々の個人練習では、だいたいチューナーを目の前に置いてつけっぱなしにしています。
目的は、自分と楽器の音程のクセを把握するため。
まあ常にがっつり見ているワケでなく、視界の一部に入れとく程度ですが。
他の音に比べて針が極端に違うふれ方をする音は、要注意、的な。

昨日の練習で、こんなコト↓がありました…

*********************
いつものセッティングで楽器を準備して練習室(台所)にこもり、いつものようにチューナーをつけっぱにして吹く

なんだかムリして音を出してる自分に気づく

そういえば急に寒くなったのに夏用の長いバレルのままだった

バレル交換にあっちの部屋に行くのめんどい

チューナーの設定を442から441に落とす…(笑)


すんません明日からは短いバレルに替えます(笑)
20171018182239d63.jpg

(以上、FBに投稿した内容)
*********************

…これ、あとになってよくよく考えてみると、全体的にチューナーに合いにくい場面でムリをして吹くってことは、「クセを把握する」なんて冷静な使い方をしているんでなく、どの音もチューナーの針を真ん中に寄せようとする吹き方を無意識のうちにしてるってこと…だよねー

視覚情報に吹き方をがっつり操作されている!

「視覚情報に振り回されて音そのものを聴かなくなるから」合奏のときにチューナーはNGってのは重々わかっておったつもりですが、個人練にもあてはまるとは不覚。

うーん、チューナーの使い方、ちょっと考えなおさないといけないすねー(^_^;)


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : 楽器 練習 クラリネット

歯が抜けた話 その3

その2 からの続き。

さて2016年9月28日、いよいよ固定ワイヤーを取る日がやって来ました。

それまでの週一の検診での経過は順調、異常な自覚症状もなし。
それでも前日の夜には「ワイヤー取ったら歯がボロッと落ちた(しかも一本だけじゃなく周辺の歯もいくつか)」なーんて夢を見て(笑)、不安のなか病院に向かいました。

麻酔をかけてワイヤーをプチプチ切って…
先生「くっついてますね。」
ほっとひと安心!

歯の神経については、当初
「神経はおそらく死んでいると思うので、再植が成功して落ち着いたら神経は抜きます」
と言われていたけど、一月経っても歯の色は変わらないし、電気を通す検査?をしたら、生きてる可能性もゼロではない、ということだったので、とりあえず抜かずに様子を見ることにしました。

(自分の感触では、生きてはいないと思うんだけどなあ(^_^;)
3時間も離れてたし、何より触ったときの感覚ないし。(歯にも触覚があるんだ…今まで意識してなかったけど)
でも特に悪さもしないなら別にこのままでいいや。)

大学病院での診療はここまで。後の経過観察はかかりつけの歯科医院にバトンタッチされました。

その後、再植歯じゃなくてその隣の歯が、時々沁みるようになりました。熱いものや冷たいもの、あとは冷えた空気とかにも。
かかりつけ歯医者で診てもらっても、特に異常はない…けど、「歯が一本抜ける程の衝撃を受けたのだから、他の歯にもダメージがあってもおかしくない。その沁みは神経が損傷してるのかも?」とオッソロシイことを言われましたが、様子見以外にすることもなし。

あと、レントゲン撮ると、沁みる歯じゃなくて再植歯の根本に、小さな丸い影が、あったり、なかったり。

私思うに、疲れがたまったり体の抵抗力が落ちたときに、歯の根本に炎症が出来るのかな?その歯自体は感触がないので、代わりに隣の歯の痛み(つーか、沁み)として感じるのかな?…と。(⬅自分の勝手な想像です)

歯医者さんでは、「痛みというものはあまり悪者扱いしないほうがいいよ。生きてる証拠だし、体からのサインでもあるから。」と言われました。
なかなか深い。(笑)

様子見以外にできることはないけど、生活に支障がでる程じゃないから、いいや。

その後現在まで、再植歯と隣の歯にできた小さな虫歯を治療したり、それでも時々隣の歯に沁みを感じたり、沁みがあるときに歯の根本あたりを外からさわるとプニプニとむずこそばゆい感覚があったり…それ以外は大きな変化はなし。

レントゲン撮っても、根本に影がないときはどの歯が再植歯なのかわからないくらい。
こんなにキレイにくっつくなんて…人間の体って、スゴい!

ところで楽器演奏はどうなったかと言うと…

その4につづく。
(まだ引っ張るのか…! 笑)



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器

歯が抜けた話 その2

その1からの続きです。
不安と焦燥の一ヶ月レポ。(笑)

初めの頃は、「固定中でもある程度落ち着けば楽器は吹けるかも…」とタカをくくっておりました。
が、トンデモナイ。
楽器をちょっとくわえるだけで、上の歯が「ずおぉぉうん…」と痛む。
そして意外だったのはワイヤーのチクチクが上唇の内側に当たって痛むので、上唇をピタッと閉じることができない。

固定中の楽器吹きは早々にあきらめました。

ここでジタバタしても悲嘆しても吹けんもんは吹けん。今出来るのは、しっかり治るよう摂生に専念する!

というワケで(?)
仕事も普通に出て、東京出張とかも行って旧赤プリ付近の昔からの変わりように感慨を覚えたり
2017092523291743a.jpg

空港のケバブ屋さんで厚かましくも米とワインだけ注文して(メニューにないけど言ったら出してくれた)堪能したり
201709252333157ce.jpg


…どんな摂生。(笑)

いいの!
楽しく明るく過ごせるのが一番の摂生なの!(笑)

固定中、吹奏楽とオケはお休みしましたが、アンサンブル練習は、本番間近のやつは代奏者を立てて私は見物参加(笑)。

本番がまだ先のやつはなんと(クラリネットパートを)リコーダーで参戦!半分、いや大部分おフザケでしたが(笑)。
20170925233122e86.jpg

inCの楽譜をB管で読み替えて吹くのはそこそこ慣れてますが、その逆は未経験。
音を追うのもさることながら、音域が足りなくてオクターブ変換も交えるともうワケわからん、グッダグダです。
クラリネットって便利な楽器なんだなあ…とあらためて実感。

不安と焦燥はどうなったかって?

もし歯がダメで、クラリネット吹けなくなったら…ていう思いは常に頭の隅っこにありました。
ただその先の思考は
「なんの楽器に転向しよう?ワクワク」
な感じ。(笑)
何でだろう、自分でも不思議だけど悲愴感らしきものは感じなかったのです。

この間、たくさんのお友達や関係者からお見舞いや励ましのお言葉をいただきました。
しかし当の本人は、そんな皆様に申し訳ないくらい、お気楽ノーテンキに過ごしておりましたのです。

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : 楽器 クラリネット

謎が解けた話

ずっと以前に書いたこの記事

フツーのB管では吹けない最低音にバタくらって
20170920225946bbb.jpg
色々まことしやかに考察しておりましたが


最近、謎が解けました。

あるんです、この音が出せるB管が。

なんでも19世紀終わり頃、バスクラ(LowEsのやつ)のようなシステムで最低音のさらに半音下まで出せる楽器が考案されたらしく、長丁場をひっきりなしにA管B管持ち替えをするオペラ、特にイタリアオペラの現場で、持ち替えしなくて済むからと重宝したらしい。

今ではほとんど廃れてしまったこの楽器、ニーノ・ロータの頃のイタリアでは割りと一般的に使われてたってコトなんでしょうね~。

今年のオケ定期で吹く曲、レスピーギの「ローマの松」にもB管指定で同じ最低音が出てきます。
20170920230059c85.jpg

もちろんココだけA管で読み替えて吹きますけどねっ!(パート譜にもそう書いてある)
忙しく動くパッセージでなくて、よかったあぁぁ~…

うん、だいぶスマホからの投稿にも慣れてきた!(笑)


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット 楽器

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。