勢いのあるコンサート

先週の日曜日(8月8日)は、ムスメの中学吹奏楽部のサマーコンサートを聴きに行ってきました。
市営のコンサートホールこそ使うもののごくごく内輪のコンサートのようで、
主催は部のみ、広報いっさいナシ。入場制限はなくてもお客さんは部員の家族ほか関係者ばかり・・・なコンサートではありますが。

これが、意外にも(失礼!)、とてもいいコンサートでした!
技術的には「う~ん・・・」な部分が多々あれど、それを補って余りある「勢い」がある。

何と言っても、今年の生徒は積極的です。
音を出すにあたっての「迷い」がなくなりました。

キレイな音じゃなくても、
速いパッセージが吹けなくても、
音程がバラバラでも、
タテの線がそろってなくても、
アーティキュレーションがデタラメでも、
見事にハズれた音を出しちゃっても、
入りの小節を間違えても、

ものおじせず、(笑)

とにかく自分たちが今紡いでいる音楽に「ノッ」て、そこに「自分の音楽(上手い下手に関係なく)」を乗せて、楽しんで、参加していました。

去年までは、何やら「おどおど」しながら吹いていて、結果、「管楽器の音」が出てこない~・・・って感じだったのに、大した進歩です。(吹奏楽コンクール地区予選でも、万年銅賞を脱却し、今年はみごと銀賞を受賞しました。)

去年のサマコンは、曲がいつ止まるかとハラハラしながら聴いたものですが(笑)、今年は安心して聴けるだけじゃなく、生徒たちがとても楽しんで音楽をしていたのがこっちにも十分伝わってきて、観終わった後とても爽快な気分になる、いい演奏会でした。

親バカかしら?

でも客席にいる皆さんからも、同じような気分が伝わってきたと思うけどなあ。
これも親バカかしら?(笑)

どうでしょう、1曲聴いてみます?(笑)
  ↓


この曲は以前書いた記事でとりあげましたが、実は上手い団体が演奏しても、リズムを刻むパートが休みの箇所は勢いやテンポ感を持続するのが難しい曲なのです。
それが、ムスメたちの演奏は、テンポこそゆっくりめのマーチテンポですが、「勢い」は衰えず持続しているのに、正直びっくりしました。
これも親バカ?(笑)
(まあ楽譜をもらって9か月も練習期間があったのにこのクオリティってどうなのよ?ってのは置いといて。(笑)

あ、あと本番の指揮をしてるのは生徒です。
本番数日前に希望を募って振らせるのだとか。←このこと自体私は賛成しがたいのですが、これも生徒が積極的にやってるみたいなので、まあいいかと。
振り始めに「いち、にい、さん、し」なんて号令かけるのも、まあご愛嬌なのです。(爆)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 ムスメ 学生バンド 本番

「いい音」仕様のハッピーバースディ

最近、休日はムスメの部活におじゃまして一緒にクラ吹いてます。

いいオバハンが何やってんだ・・・・・・と言われそうですが、
1月にあるブラスフェスティバルに、
ママさんたちも生徒にまじって一緒に参加していいですよ、とのことなので
このさい恥と外聞を捨てて(最初から持ってない!?)参加させてもらうのです。

で、この前の練習でのヒトコマ。

合奏が終わり、終りのあいさつをしようとしたその時、部員の一人が
「先生、21日はNさんの誕生日でした!」と
仲間が誕生日を迎えたことを告げると

先生はおもむろにキーボードでB-Durのコードを弾いてみせて
「じゃ、これで」と、先生の合図のもと、
皆で一斉に「♪ハッピーバースディトゥーユー・・・」と
手持ちの楽器で歌(演奏)のプレゼント。
20091226murq.png

実にほのぼのとしたひとコマでした。い~い部ですねえ。

ところで、ムスメの部は、吹奏楽としてあんまり上手な方じゃありません。
むしろ課題山積というか。(笑

特に、音が出ないのです。
パートを指定して「ここんとこ吹いてみ」と吹かせても、
なにやら譜と違う音が、自信なさげに「・・・ふぉー・・・」と出てきたり、
出てこなかったり。(笑・・・いやホントは笑ってる場合ちゃうんやけど)

だけどね、
↑の「ハッピーバースディ」を吹いたときは、
楽譜もないのに、練習もしてないのに、
実に(普段と比べると)「ちゃんとした」音で吹けてたワケですよ。
あとでムスメに聞いたら、こういう時は
(たいてい楽器を片付けた後なので)歌を歌ってプレゼント、の方が多いらしい。

つまりは「歌でなら歌える」「知っているフレーズ」を
「楽譜なしに」(=「余計な諸指示を考えず」)吹くと、
いい音が出る!
ということでしょうか。

音を出すって、テクニックうんぬんよりもまずイメージが一番大事で、
イメージを持って吹くと(体や口の形、息使いとかが)「いい音」仕様になる
・・・ってコトを実感したひとコマでもありました。

あ、もちろん、Nさんへの「おめでとう」の気持も、
とても大事な要素だったと思います。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 学生バンド 練習 ムスメ

田んぼとクラシック

10月11日の日曜に、またもや遠征してきました。

前週に行った地域にある、中学校の吹奏楽部演奏会の助っ人演奏です。
まだ「かけだし」で技術的にはまだまだだけど、なんとか子供たちにクラシックを経験させたい、
ついてはクラシックだけ子供たちに混ざって、お手本&音の補強をしてほしい、との
顧問のセンセイの思いに応えた社長からのお誘い(また(笑))で、行ってまいりました。

曲目を聞いたのは本番2日前、
「タンホイザー大行進曲」「どろぼうかささぎ序曲(抜粋)」。
楽譜がまだ手元にないのでとりあえずひたすら聴いてイメトレ。(笑
 (イメトレのテキスト・・・ナクソスって便利ね~)
  ↓
ワーグナー:Tannhauser Festive March
ロッシーニ:歌劇「泥棒かささぎ」 - 序曲
   (注:携帯からは聴けません)

当日の朝楽譜をもらって、午前中のリハ&練習でちょろっと合わせて、
さらにその場の勢いでもう2曲吹くことになり(「カンタスジュビランテ」「青空と太陽」)、
本番に臨む・・・・・という、なんとも乱暴なミッション(笑

会場は、田んぼの中にドカンと建ってる町の総合文化施設で、
クラシック用の立派なコンサートホールを備えています。(通称インガットホール
ブラスバンドでも響きすぎることのない、いい音響でしたよ!

中学生の演奏も、周囲の田んぼのように(失礼!)のびのびとしていて、
かつ、発展途上を思わせる勢いがありました。
「タンホイザー」で、曲の途中以降のトランペットファンファーレを2階席(しかも両サイド)から
聴かせる演出は、なかなかカッコよかったです。
20091013rq.png

私自身、10年以上ぶりのコンサートホールだというのに緊張のキの字もなく
(なにせ心臓に毛の生えてくる年代なので(笑))、楽しく演奏できました。(^-^)
やっぱクラシックは聴くだけでなく自分で演奏した方が何倍も楽しい!

今回「どろぼうかささぎ」は大幅にカットしたけど、次の機会があったらカットなしで演りたいです。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 演奏 吹奏楽 クラシック クラリネット 本番 学生バンド 社長

役に立った「ロングトーン」

テンプレを コロコロ変えて すいません
だってFC2ってテンプレたくさんあって目移りするんですもの~


閑話休題。前回の続きでしたね。

ここでいう「ロングトーン」ってのは一般的な呼称としてのそれじゃなくて、
前回の記事で紹介した、昔やってた基礎練習のメニューのことです。

これが自分にとってどんな風に役に立ったかというと

◆12の長音階を全部やることで、曲の習得がずいぶんラクになった
ってトコ。
例えば、学生バンドではおなじみの「アフリカン・シンフォニー」という曲。
クラリネットパートには、曲の最後にシャープがたくさん付いた16分音符でタラララと上昇するパッセージがありますが、実はこのパッセージ、D durのスケールがベースになっている(D durはクラリネットだとシャープ4つ)ので、指が覚えていてすんなり吹けた、という経験があります。
つまり、調号にシャープやフラットがたくさん付く「難曲」でも、その調での「音の進み方」や「指使い」をマスターしていると、割と苦労せずに吹ける。初見にも強くなる。
社会人になってもブラスやってると、練習時間が少なくて困るのですが、自分自身は、譜読みにあまり時間をかけずに済んだので、助かりました。

自分の実感は主にそれだったんですが、
最近、ムスメの中学の生徒さんたちを見てると、あの「ロングトーン」には次の効用もあったんだな~、と思うようになりました。

◆音作り
毎日ほぼ強制的に20~30分、周りの皆(上手い先輩も含む)と一緒に同じ音を吹くことで、「周りにつられて」音が出るようになってくる。
うまく表現できませんが、
長時間吹き続けると体がキツい、だから吹きながらラクに出せる口や息の使い方を模索する、
そして周りが大音量で同じ音だから、ついつい自分も大きな音を出す・・・・・
て、そんなところでしょうか。^_^;

◆音程をとらえる
チューニングのピッチのことじゃありません。
楽譜に書いてあるとおりの音を正しく出す、という意味です。
初心者がひととおり吹き方と指使いを教わったからって、譜に書いてある音をバッチリ正しく吹けるってモンじゃありません。
キィのいっぱい付いた木管楽器は、押すキィを間違えることもあるでしょう。
金管楽器は同じ指使いで出る音がたくさんあったり、トロンボーンなんか完全に「目分量」(手分量?)だし、見当違いの音が出ちゃうこともあるでしょう。
で、間違った音が出ちゃったときに、それに気づかないこともけっこうある。
「ロングトーン」でどの音もまんべんなく、周りの皆(上手い先輩も含む)と一緒に同じ音を吹くことで、間違いや見当違いがあれば、自分で気づいて正すことができるんだと思います。

◆生徒だけでできる、向上心がなくてもできる
「何も考えずにダーダー吹くだけってのは、時間のムダ」という批判もよく聞きます。
でも、じゃあどういう基礎練がいいのか?
自分の音をしっかり聴ける環境で、「どうすればより良くなるか」を考えながら音を出す・・?
それは、吹き手自身が
・「良い状態」を認識して、
・そうなりたい意欲があって、
・どうすればそうなるか、という方法を知っている
という前提での話。
でも、学校の部活だと、皆が皆そうとは限りません。
初心者にはまずムリだし、向上心のある人もいれば、テキトーでいいや、って人もいる。
向上心のある人でも、自主性に任せると「今日はキツい」ってちょっとサボっちゃう日もある。
専任のコーチとか先生がずっとついていれればいいんでしょうが、そうもいかない。
だから、「ムダだ」とか「儀礼的」とか批判はあっても、あの「ロングトーン」を生徒全員で毎日必ずやるってのは、バンド全体の「底上げ」をはかるという点で、意味があったと思うのです。

ずいぶん長くなっちゃいました。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 (よろしければ↓ポチッといただけると嬉しい)

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
★にほんブログ村★

★人気ブログランキングへ★

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 練習 学生バンド

吹奏楽の基礎練習メニュー

ムスメが中学のブラスに入って思ったこと。
・・・イマドキの学生ブラスって、どんな基礎練やってんのかしら・・・・?
つーか、やってないのかしら・・・・?(笑

そこで今回は、私が高校の頃ブラスで毎日やっていた(1980年代だけどね)
「顧問の先生がいなくてもできる」「特別な教本が要らない」
基礎練習のメニューを紹介してみます。
興味がわいたら、参考になるトコロだけ、つまみ食いするもよしです。
(音名はドイツ表記で統一します)

放課後部に集合したら、まず楽器を出して集まります。
晴れの日はグラウンドの隅。雨の日は教室。
みんなでぐるっと内側を向いて輪になります。
バスドラムの人がメトロノームを横に置いて、テンポに合わせて叩きます。
(テンポはたしか80くらいだったと思う)
はじめは1音4拍ずつ伸ばしのスケール。上がって、下がって。
調は、B durにはじまり、H dur → C dur → Des dur・・・・と、
半音ずつ上げて12の長音階をすべて吹きます(!)。
scale1.gif
(画像はクリックすると大きくなるよ!以下同。)

スケールが終わったら次は長音階のアルペジオ(分散和音)を、
やっぱり4拍ずつ伸ばしの、上がって、下がって。
これもB durから半音ずつ上げてって12の長音階をすべて。
scale2.gif
アルペジオは、4拍だけでなく半拍ずつでも吹いたような気がする。

そのほか、テキトーな調でリズムをつけて吹きます。
リズムパターンと調の選択、そして号令はバスドラムの人がやります。
「Es dur変ホ長調、3連符で4拍!(ドン、ドン、ドン、ドン・・・)」みたいな感じ。
3renpu.gif
そんなのをいくつかのパターンで。

以上でだいたい20~30分くらい。(部活のあるときは)毎日必ずやる。
ウチらの部では以上のメニューを「ロングトーン」と呼んでおりました。

「教本が要らない」と言いましたが、12の長音階を最初から何も見ずには吹けません。
楽譜は、自分で書くんです。(長音階スケール12種類だけ)
新入部員は、まず5線紙に自分用のロングトーン楽譜を書かされます。
先輩のを書き写させてもらう、ってのもアリでした。
最初は楽譜を見ながらの「ロングトーン」ですが、毎日やるのでイヤでも覚えて、そのうち何も見ずに吹けるようになります。(楽譜と譜面台もって集合するのもかったるいし)

事前にチューニングもせず、皆で同じ音をただただブヮーッと吹く。
顧問のセンセとかコンマスみたいな人が指導とかするワケでもない。
当時でもいわゆる「専門家」からは批判的な意見も多く聞かれたのですが、
私としては、あの3年間のロングトーンはとても役に立ったと思っています。

どんな風に役に立った(と思っている)のかは、次回、書くことにします。

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
★にほんブログ村★

★人気ブログランキングへ★

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : 吹奏楽 練習 学生バンド