カユザックの音!

お久しぶりです。
めちゃ更新頻度が低いもんで、何をどこまで書いたのか、書いてないのか、覚えてないやい(笑)

えと。
ムスメには、プロのクラ奏者のレッスンを受けさせてます。
んで、そのセンセが主催するクラリネットアンサンブル(アマチュアの集まりです)に、私もへれっと参加させてもらってます。

センセは、地元の楽器店でやってる教室でもクラ教えてらして、
(ムスメはその教室とは別の、個人レッスンです)
クラアンサンブルも、教室の生徒さんたちの発表会とのジョイントって形で、本番やろかね~という話になっています。
んで、その本番で、「(アンサンブルだけじゃなく)ソロ、吹きたい人いる?」ってセンセの振りに、えいやっと手を挙げた私なのでした。
最初は「ソロなんてとんでもない!」と反射的に思ったのですが、前出の記事の「上司の言葉」を思い出し(笑)、
「1曲きちんと仕上げることでレベルアップにつながる」
「ピアノ伴奏でソロ吹ける機会なんて(今の私の人脈では)そうそうない」
「舞台度胸をつけたい」
「ちょうど吹きたかった曲がある」「その曲の楽譜の入手のめどがついた」
・・・・要するに「チャンスは有効に活用すべし!」との思いから、楽譜が届く前日に、センセに「吹きたいですっ!」とメールしたのでした。

ちなみにセンセの振りに一番に手を挙げたのはムスメ。
私も手挙げるって言ったらイヤがってました。「いつも親子セットで見られるのが嫌」って・・・知るか!(笑)

で、ちょうど吹きたかった曲ってのが、
ルイ・カユザック作曲「セヴェンヌ地方のパストラール」。

あ~前振り長かった(笑)。ここからやっと記事タイトルの本題です。

ルイ・カユザックは、フランスのクラリネット吹きで、クラリネットのための小品もいくつか作曲していて、どれもとても美しい(特に旋律の流れが美しい)。日本では「カンティレーヌ」という曲がたぶん一番有名です。

ナクソスでカユザックを検索すると、作曲した曲のほかに、彼が「演奏した」タイトルが、1曲だけ、ある・・・!
これは聴かねば!
ナクソスへのリンク
コッペル/Clarinet Concerto, Op. 35


・・・・・一聴して、びっくり。なんて音!
シャリュモー音域の、コーンと抜けきった、小気味よい感覚。
かといってクラリオン域があっけらかんかというとまるで逆で、輝きのひだを重ねたような、しっとりとした、でもしっかりした音。
古い録音なんで雑音がバチバチですが、クラリネットの細かい表情なんかはきちんと拾っている。
その表情も、なんつーかもう、ほろっとくるような感じで。。。

これは意外でした。カユザック、いきなり「好きなクラリネット吹き」のかなり上位にランクインです。(笑)

他にも音源がころがってないかな~、とYouTubeを検索すると、ヒットするのは彼の作品を他のクラリネット吹きが吹いているものばかり。ああ、こういう条件での検索って、むずかしいのね~~

ちなみに私が吹きたい「セヴェンヌ地方のパストラール」は、コレ。↓


ここでの奏者、ギィ・ダンガンは、カユザックの、直接の教え子にあたる人の一人、だったような、なかったような。。。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット クラシック ナクソス 名演 YouTube

ボロディンSQのチャイコフスキー

ちょっと思い立って、チャイコフスキーの弦楽曲が無性に聴きたくなりました。

とりあえずは弦楽四重奏曲を、と、
ナクソスでいくつかのアーティストの盤を聴いてみたのですが・・・・

「う~~ん」・・・・・欲しかった手ごたえと、ちょっと違う。

だいたい、チャイコフスキー「だから」と言って、
ことさらに「むせび泣く」ような表現が延々と続くのって、
甘いお菓子にさらに甘いシロップかけて食べるようで、ちょっと辟易。

持ってるCDがボロディン弦楽四重奏団のもので、結構ドライな演奏なんで、
違う感じのを、と思ってたんだけど、やっぱりボロディンを聴いてみる。
あらナクソスにあるのは手持ちのCDとは違う録音だわ・・・・・
   ↓
CHAN9871-72.gif
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集(ボロディン弦楽四重奏団)


うわビンゴ! 欲しかった以上の手ごたえ!
いかにもロシアの弦らしい肉付きの良い音。
ノン・ヴィブラートを駆使した多彩な表現。
甘さは抑えて端正だけども、あたたかみのある歌。
一糸乱れぬアンサンブル。

弦楽四重奏曲なのに、まるでオーケストラ曲のようなスケールを感じます。

調べてみたらこの盤は第一期メンバーによる古い録音のリマスター盤なんだそうな。
(手持ちのCDは第二期メンバーのもの)
すごいな~ どうやったらここまで音がキレイになるんだろう。

意外にもツボにはまった「名盤」を見つけられて、ちょっと嬉しいです。

ところで、
なんで「ちょっと思い立ってチャイコフスキー」なのかと言うと、
なんか突然「チャイコの弦楽曲をクラリネットアンサンブルでやりたい!」と思ったから。
(たとえば弦楽セレナードとか、四重奏曲1番とか、フィレンツェの思い出とか・・・)

では早速、名盤見つけたコトだし、コレ聴きながら楽譜(手持ちのポケットスコア、四重奏曲の1番)でも追ってイメトレを・・・・・と思ったら

即挫折。
20091218rq.png

聴くだけだととても親しみ持てるけど、楽譜見るととたんに難解になるって、
チャイコの専売特許なんですか?
(↑極めて低レベルの嘆き・・・・・)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック 鑑賞 ナクソス 名演 弦楽

歴史的名演! リスト:ハンガリー狂詩曲第2番

今日は、ピアノ演奏の歴史的名演をご紹介します。

曲目は、フランツ・リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」。
演奏は、トムキャット&ジェリーマウス。それでは、どうぞ!

▼YouTube動画


・・・・私ぐらいの年代だと、子供の頃幾度となくテレビで観た方も多いでしょう。

子供の頃は何も考えずただただ面白さに腹を抱えて笑ってるだけでしたが、
改めて観ると、こりゃスゴい。

音楽は、ドタバタ劇に合わせて作り変えてあるんだろうと思いきや、ほぼ原曲のとおりなのです。
一部カットやリピート、途中ちょっとジャズ風パッセージを挿んだりはしてますが、
ジェリーが鍵盤に挟まれてめった打ちにされるトリル&グリッサンドも、
フタをバタンと閉められてペッタンコの指になったトムさんが弾くパッセージも、
トムさんがジェリーを捕まえようと鍵盤をデタラメに叩く(ように見える)ときの音も、
全部、原曲どおり。

何より、
曲が持つ「リズム」「呼吸」といったものと、ドタバタのエピソードが見事にマッチしていて、
まるでこの曲が、この映像のために作られた、ようにしか思えないのです。

実はこの曲、以前市民吹奏楽団でクラ吹いていたときに
演ったことがあるのですが、その時にこのビデオでも買って観ていれば
20091022rq.png
いろいろと参考になったのになあ~~、と、思うことしきり。

そのほか、ピアノを弾く指の動きと音の動きがちゃんと合ってる
(打鍵の位置が合ってるかどうかはピアノ素人の私にはわかりませんが)
等の細かいこだわり・・・・制作スタッフの「職人魂」に、ただただ驚愕なのです。

現代の日本のアニメは世界的に高水準と言われるけど、
この時代の「トムとジェリー」を凌駕するものって、あるんだろうか?
(なお、トムとジェリーがすごかったのは、初期の制作会社&スタッフによるものだけです。
後の時代のものはごくフツーの子供向けカートゥーンになっちゃってる)

せっかくだから原曲も聴こう!(いずれもナクソスミュージックライブラリへのリンク)
  ↓  
▼こちらも入魂の名演!辻井伸行氏のクライバーン国際ピアノ・コンクール本選の演奏です
フランツ・リスト:19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第2番 嬰ハ短調

▼オーケストラ編曲版も。
フランツ・リスト:6つのハンガリー狂詩曲 S359/R441 - 第2番 ニ短調
  (・・・・? この「調」の表記↑は、謎ですが・・・・^_^;)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : 名演 クラシック お気に入り 演奏 ナクソス YouTube トムとジェリー ピアノ