スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勢いのあるコンサート

先週の日曜日(8月8日)は、ムスメの中学吹奏楽部のサマーコンサートを聴きに行ってきました。
市営のコンサートホールこそ使うもののごくごく内輪のコンサートのようで、
主催は部のみ、広報いっさいナシ。入場制限はなくてもお客さんは部員の家族ほか関係者ばかり・・・なコンサートではありますが。

これが、意外にも(失礼!)、とてもいいコンサートでした!
技術的には「う~ん・・・」な部分が多々あれど、それを補って余りある「勢い」がある。

何と言っても、今年の生徒は積極的です。
音を出すにあたっての「迷い」がなくなりました。

キレイな音じゃなくても、
速いパッセージが吹けなくても、
音程がバラバラでも、
タテの線がそろってなくても、
アーティキュレーションがデタラメでも、
見事にハズれた音を出しちゃっても、
入りの小節を間違えても、

ものおじせず、(笑)

とにかく自分たちが今紡いでいる音楽に「ノッ」て、そこに「自分の音楽(上手い下手に関係なく)」を乗せて、楽しんで、参加していました。

去年までは、何やら「おどおど」しながら吹いていて、結果、「管楽器の音」が出てこない~・・・って感じだったのに、大した進歩です。(吹奏楽コンクール地区予選でも、万年銅賞を脱却し、今年はみごと銀賞を受賞しました。)

去年のサマコンは、曲がいつ止まるかとハラハラしながら聴いたものですが(笑)、今年は安心して聴けるだけじゃなく、生徒たちがとても楽しんで音楽をしていたのがこっちにも十分伝わってきて、観終わった後とても爽快な気分になる、いい演奏会でした。

親バカかしら?

でも客席にいる皆さんからも、同じような気分が伝わってきたと思うけどなあ。
これも親バカかしら?(笑)

どうでしょう、1曲聴いてみます?(笑)
  ↓



この曲は以前書いた記事でとりあげましたが、実は上手い団体が演奏しても、リズムを刻むパートが休みの箇所は勢いやテンポ感を持続するのが難しい曲なのです。
それが、ムスメたちの演奏は、テンポこそゆっくりめのマーチテンポですが、「勢い」は衰えず持続しているのに、正直びっくりしました。
これも親バカ?(笑)
(まあ楽譜をもらって9か月も練習期間があったのにこのクオリティってどうなのよ?ってのは置いといて。(笑)

あ、あと本番の指揮をしてるのは生徒です。
本番数日前に希望を募って振らせるのだとか。←このこと自体私は賛成しがたいのですが、これも生徒が積極的にやってるみたいなので、まあいいかと。
振り始めに「いち、にい、さん、し」なんて号令かけるのも、まあご愛嬌なのです。(爆)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

tag : 吹奏楽 ムスメ 学生バンド 本番

「いい音」仕様のハッピーバースディ

最近、休日はムスメの部活におじゃまして一緒にクラ吹いてます。

いいオバハンが何やってんだ・・・・・・と言われそうですが、
1月にあるブラスフェスティバルに、
ママさんたちも生徒にまじって一緒に参加していいですよ、とのことなので
このさい恥と外聞を捨てて(最初から持ってない!?)参加させてもらうのです。

で、この前の練習でのヒトコマ。

合奏が終わり、終りのあいさつをしようとしたその時、部員の一人が
「先生、21日はNさんの誕生日でした!」と
仲間が誕生日を迎えたことを告げると

先生はおもむろにキーボードでB-Durのコードを弾いてみせて
「じゃ、これで」と、先生の合図のもと、
皆で一斉に「♪ハッピーバースディトゥーユー・・・」と
手持ちの楽器で歌(演奏)のプレゼント。
20091226murq.png

実にほのぼのとしたひとコマでした。い~い部ですねえ。

ところで、ムスメの部は、吹奏楽としてあんまり上手な方じゃありません。
むしろ課題山積というか。(笑

特に、音が出ないのです。
パートを指定して「ここんとこ吹いてみ」と吹かせても、
なにやら譜と違う音が、自信なさげに「・・・ふぉー・・・」と出てきたり、
出てこなかったり。(笑・・・いやホントは笑ってる場合ちゃうんやけど)

だけどね、
↑の「ハッピーバースディ」を吹いたときは、
楽譜もないのに、練習もしてないのに、
実に(普段と比べると)「ちゃんとした」音で吹けてたワケですよ。
あとでムスメに聞いたら、こういう時は
(たいてい楽器を片付けた後なので)歌を歌ってプレゼント、の方が多いらしい。

つまりは「歌でなら歌える」「知っているフレーズ」を
「楽譜なしに」(=「余計な諸指示を考えず」)吹くと、
いい音が出る!
ということでしょうか。

音を出すって、テクニックうんぬんよりもまずイメージが一番大事で、
イメージを持って吹くと(体や口の形、息使いとかが)「いい音」仕様になる
・・・ってコトを実感したひとコマでもありました。

あ、もちろん、Nさんへの「おめでとう」の気持も、
とても大事な要素だったと思います。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

tag : 吹奏楽 学生バンド 練習 ムスメ

ジャニーズ<モーツァルト?

ムスメは無類のジャニーズファン。
小学生の頃は、明けても暮れてもジャニーズばっか(たまにアニソンも)聴いてました。

そんなワケなので、中学生になってブラスに入ったとき、
「クラリネットの先輩」である母といたしましては、
ムスメにわかりやすくレクチャーするために、たとえば

「”アオゾラペダル”のサビの部分なんか、初心者が練習する音域にぴったりよね~。
そーゆーのいろいろ用意してやって、
20091114_1rq.png

母を尊敬させてやろう 楽しく練習してもらおう」

などといったコトを目論んでいたのです。

ところが。

ブラスに入ったとたん、ムスメが豹変。

日頃聴く音楽といえば、自分らのブラスで演る曲か、クラシック。
特にクラシックは、「モーツァルトが一番好き!」とのこと。

特にムスメのお気に入りは
◆オーボエ協奏曲
◆クラリネット協奏曲
歌劇「魔笛」の
◆夜の女王のアリア「復讐の炎は地獄のように燃え」
◆パパゲーノのアリア「恋人か女房があればいいが」
(以上ナクソスにリンクしてます)

管楽器吹きとしてはともかく、吹奏楽ってジャンルでは、モーツァルトは
いまいちなじみの薄い作曲家なんだけど、いったいどこから聞きつけてきたのだろう?

「母の目論見は露のように消え」。

いや別にジャニーズ嫌いになったワケではないようなのですが、
そりゃあ音楽を学ぼうとする者にとってモーツァルトは至高の存在。
ムスメへのレクチャーは王道を行って普通の教則本を使うコトにします。

(しかしこんな楽譜は、買っちゃってたりする。)
2本のクラリネットのためのモーツァルト「魔笛」

(でもムスメがたまに「教えて」と言ってくるときはいつもブラスで演る曲の楽譜ばかり・・・
え~~い、ちゃんと基礎をやれ~~!)

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


あっ楽譜の絵、開く方向が反対だ!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クラシック クラリネット ムスメ 鑑賞

グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲

ムスメが、学校の吹奏楽部で今度取り組んでみるといって楽譜をもらってきました。

グリンカ作曲:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲。

無謀すぎぢゃね? と思うも、
まあ何事も勉強よね、と、ムスメと2人で「お手本」として最近よく聴いてます。
  ↓(ナクソスへのリンク・・・ブラスでなくオーケストラ版)
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
(ヴェデルニコフ/ボリジョイ歌劇場管弦楽団)

この曲は私の子供時代、たしか
日曜日?の
夕方?の
テレビのニュース番組?の
テーマ音楽?として流れてて、
20091105rq.png

親しみはあったものの、どことなく
「サザエさん症候群」的な気分をかもしてる、って、イメージを持っていました。(笑

でも1曲通して聴いてみると、ユウウツどころか、スカッとして元気になる曲。
仕事でイヤなことがあってくさくさしてるときに、
なかなかよい気分転換になるってコトを、発見しました。

しかもできるだけテンポが速い方が、”スカッと度”が高い。(笑

さあムスメのガッコの演奏の”スカッと度”は、いかに!?
(1回合わせてボツ!の公算が、最も高いかも・・・・・・^_^;)

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クラシック ナクソス 吹奏楽 鑑賞 ムスメ

遠征して吹いて来ました・・・あっ、ムスメと初共演だ!

こないだの土曜日のことですが、
昔市民楽団でお世話になった楽器工房の社長のツテで、
ちっちゃな演奏会に助っ人参加させてもらえるコトになりました。

「初見で吹ける曲ばっかりやけん、吹きにこんね〜。ムスメさんも一緒においで〜。」

2つ返事でOKして、行ってきました。
社長宅(県外)を経由して、筑後川下流の会場まで、車で2時間弱をテッテケと。

あたり一面田んぼと河と時々酒蔵(笑)
 (もすこし下流に行ったら、「のだめ」の実家です(笑))

その日の催しは、「地域のつどい」的な集まりでの演奏でした。
地元の楽団に混ざって吹くのですが、この日のクラリネットパートは、
我ら助っ人軍団が4人(社長、社長の奥さん、私、ムスメ)、地元団員は1人、って編成。(笑)

行ったその場で楽譜を借りて、1時間ちょっと音合わせして、本番。

この話が来た時に、初心者のムスメには一応「参加する?できるの?」と訊いたのですが、
絶対出る!
もー最初から出る気マンマン。譜読みが超ニガテのクセに。(笑

でもまあ、その意気やよし、です。
出来ようが出来まいが意欲的にチャレンジするのは、上達の必須条件ですし。

私は今回社長の隣で社長と同じパート吹いたのでスゲー楽ちんだったのですが、
ムスメが少しでも吹けてたかどうかは、定かではありません。(汗
ムスメの音は聞こえませんでした

あとでムスメに聞いたら、ムズカシいところ以外(伸ばすだけ、とか)は「吹いたよ」とのこと。

そんなムスメでも、社長、奥さん、楽団の指揮者先生ほかの皆さまに快く迎えていただいて、
幸せなことでした。
またいつか一緒に吹きたいです。

(にほんブログ村 吹奏楽)
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
★にほんブログ村★

(人気ブログランキング クラシック)
★人気ブログランキングへ★

続きを読む

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

tag : 演奏 本番 クラシック クラリネット 吹奏楽 ムスメ 社長

     
CssTagCloud

クラリネット  クラシック  ナクソス  鑑賞  吹奏楽  楽器  練習  本番  YouTube  演奏  学生バンド  ムスメ  お気に入り  名演  木管五重奏  社長  楽譜  ピアノ  ジャズ  民謡  ポルカ  ミュージカル  弦楽  パソコン  トムとジェリー  

プロフィール

みーまま

Author:みーまま
アマチュアのクラリネット吹き。
ムスメが中学でブラス入って
クラリネット始めのを機に、
約10年ぶりに楽器を再開。
今ムスメと2人で
一般の吹奏楽団でクラ吹いてます。

2010年11月からは、
木管五重奏の活動も開始しました。

その他のMyサイト・・・・
▼ウチの猫&うさぎのサイト
ピーぷーみー
▼猫うさ&お絵かき&その他日記
ピーぷーみーの楽屋裏

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。