カユザックの音!

お久しぶりです。
めちゃ更新頻度が低いもんで、何をどこまで書いたのか、書いてないのか、覚えてないやい(笑)

えと。
ムスメには、プロのクラ奏者のレッスンを受けさせてます。
んで、そのセンセが主催するクラリネットアンサンブル(アマチュアの集まりです)に、私もへれっと参加させてもらってます。

センセは、地元の楽器店でやってる教室でもクラ教えてらして、
(ムスメはその教室とは別の、個人レッスンです)
クラアンサンブルも、教室の生徒さんたちの発表会とのジョイントって形で、本番やろかね~という話になっています。
んで、その本番で、「(アンサンブルだけじゃなく)ソロ、吹きたい人いる?」ってセンセの振りに、えいやっと手を挙げた私なのでした。
最初は「ソロなんてとんでもない!」と反射的に思ったのですが、前出の記事の「上司の言葉」を思い出し(笑)、
「1曲きちんと仕上げることでレベルアップにつながる」
「ピアノ伴奏でソロ吹ける機会なんて(今の私の人脈では)そうそうない」
「舞台度胸をつけたい」
「ちょうど吹きたかった曲がある」「その曲の楽譜の入手のめどがついた」
・・・・要するに「チャンスは有効に活用すべし!」との思いから、楽譜が届く前日に、センセに「吹きたいですっ!」とメールしたのでした。

ちなみにセンセの振りに一番に手を挙げたのはムスメ。
私も手挙げるって言ったらイヤがってました。「いつも親子セットで見られるのが嫌」って・・・知るか!(笑)

で、ちょうど吹きたかった曲ってのが、
ルイ・カユザック作曲「セヴェンヌ地方のパストラール」。

あ~前振り長かった(笑)。ここからやっと記事タイトルの本題です。

ルイ・カユザックは、フランスのクラリネット吹きで、クラリネットのための小品もいくつか作曲していて、どれもとても美しい(特に旋律の流れが美しい)。日本では「カンティレーヌ」という曲がたぶん一番有名です。

ナクソスでカユザックを検索すると、作曲した曲のほかに、彼が「演奏した」タイトルが、1曲だけ、ある・・・!
これは聴かねば!
ナクソスへのリンク
コッペル/Clarinet Concerto, Op. 35


・・・・・一聴して、びっくり。なんて音!
シャリュモー音域の、コーンと抜けきった、小気味よい感覚。
かといってクラリオン域があっけらかんかというとまるで逆で、輝きのひだを重ねたような、しっとりとした、でもしっかりした音。
古い録音なんで雑音がバチバチですが、クラリネットの細かい表情なんかはきちんと拾っている。
その表情も、なんつーかもう、ほろっとくるような感じで。。。

これは意外でした。カユザック、いきなり「好きなクラリネット吹き」のかなり上位にランクインです。(笑)

他にも音源がころがってないかな~、とYouTubeを検索すると、ヒットするのは彼の作品を他のクラリネット吹きが吹いているものばかり。ああ、こういう条件での検索って、むずかしいのね~~

ちなみに私が吹きたい「セヴェンヌ地方のパストラール」は、コレ。↓


ここでの奏者、ギィ・ダンガンは、カユザックの、直接の教え子にあたる人の一人、だったような、なかったような。。。


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラリネット クラシック ナクソス 名演 YouTube

突撃スマホデビュー(笑)

突然ですが、ケータイをスマホに変えました。

理由は、ナクソスがAndroidアプリで聴けるようになったから。

もともとウチのケータイauで、ナクソスはちょっと前からiPhoneでは対応アプリが出ていて、よっぽどiPhoneに変えよかどうしよか迷った(ときもあった)のですが、今回のリリースで、もうAndroidソッコー買い。(笑)

機種はIS05がいいな。。。と思って都会の大型電器店やショップを回るも、人気機種でどこも予約待ち。
ひょっとして、と思って家の近くのショップに行くと、フツーにありました。在庫が。全色。さすが田舎。(笑)

慣れない操作にイライラしつつも、電話帳やらメールボックスやら整理して、フツーにケータイとして使うくらいは、なんとかできるように。(←アタリマエか)
電話やメールの着信音に今までのが使えない(やり方がわからない)のが若干ストレスですが。
(着信音は基本自作なのです・・・作り方はこの記事後半部分参照・・・)

で、ナクソス。
アプリをダウンロードして、聴いてみました。
きゃ~、聴ける~!音キレイ~!途切れもなし~!

これで、ナクソスを外に持ち出せます。車の中で聴いたりとか、練習で皆と参考音源聴いたりとか、したかったんだ~((o(^∇^)o))

IS05にした理由のひとつに、FMトランスミッターがありましたが、取説読むと、どうやら音楽を再生する機能(アプリ)側で設定するようで、これはナクソスではできなさそう。。。
車中で聴くのはなんか別の方法を考えることにします。

今日聴いたのはフツーの手持ちのイヤホン(息子がセンター試験(リスニング)のときもらってきたやつ)ですが、音質にストレスはありませんでした。
横からダンナが、普段自分が使っている(高級)イヤホンを「これ使ってみ」と出してきました。

・・・・が。

私的には、センター試験のイヤホンの方が、音にストレスがないなあ。
ダンナのはなんか、コードに手で触ると、その音がノイズとして入ってくる、みたいな感じ。

20110506rq.png

ダンナは、怒ってましたが。(笑)


★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック ナクソス

探しにくいモーツァルト

ある曲の音源を探そうとする場合、それがクラシックであれば
ナクソスはすっげ~便利なんですが

ナクソスでも、検索しにくいものがありまして、

それは何かと言うと 意外にも

モーツァルト(!)。

突然ですが皆様、↓この曲ご存じでしょうか?
(画像をクリックすると大きくなります)
DSCF2879.jpg

一応、鼻唄程度の音↓も作ってみました
mozart_menuett_K64.mid

すごくポピュラーな曲で、誰でもどこかで耳にすることはあると思います。
楽譜(ピアノ伴奏付きのクラリネット独奏譜)の解説には
「もとは2本のホルンを伴う弦楽合奏のために書かれたもの」
とあって、うん、そう、確かにそんな音でよく耳にする。

で、ナクソスでこの曲の原曲を探してみる。
モーツァルトの作品は、ケッヘル(KとかKVとかで表記)という全作品の通し番号みたいなものが振られているので、まずはその番号(楽譜に書いてある64という番号)で検索。

・・・・・ないんですね、コレが。。。

いろいろ調べて、どうやらK64でなく、K334のメヌエットらしい、という情報を入手。
で、やっと、ナクソスでその(K334の方の)音源を見つけることが出来たのでした。

この曲はまだいい方で。

管楽器アンサンブルの小品集なんか、
こんな感じの「あ~コレ、知ってる!よく聴くよね~」的なモーツァルトの曲がけっこうとりあげられてるんですが、ケッヘル番号が書いてない譜も多くって、そんなものは、もうお手上げ。

「メヌエット」とか「ロンド」とかだけの情報で、もう探しようがないし・・・・(*_*;
モーツァルトは、なまじ作品数が多くて、かつCDの数も多いからね~~・・・

なんかね、
「鼻唄歌ったらその曲名を教えてくれる」的なサービス(クラシック版)って、どっかにないかなあ~~

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック ナクソス 楽譜

シューマン:交響曲第3番「ライン」

シューマンなんて、そんなに好きじゃなかった。

ムスメと2人で所属する吹奏楽団の今度の定演で、
シューマンの「ライン」第1楽章をやるらしい。(←吹奏楽では、かなり珍しい・・・笑)

参考と思ってナクソスで音源をイロイロ聴いてみるけれど、
な~んかパッとしない、始めから終りまで同じような感じ・・・
譜面ヅラも単調で、でも休みがなくって、キツいばっかり・・・・
この曲の一体どこが面白いんだろう・・・・

と思っておりましたが

この盤↓を聴いた時、目からウロコが落ちました。
OC708.gif
ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル/スクロヴァチェフスキ

(ちなみにこの盤、15分無料ログインでもノーカットで聴けます。期間限定らしいけど。)

楽譜の指示どおり、とても「生き生きと(Lebhaft)」。
広大な河のほとりの、森、そびえ立つ古城・・・さまざまな風景が、目に見えるよう。
第2楽章も、のどかだけど雄大で、ゆるやかに流れるだだっ広い水面にたゆたう水紋みたい。
ああラインって、大河だったんだ!と、地理の常識をしっかり認識。

全体的に、音に厚みがあって、色彩感があって、
めざそうとする「情景」がはっきりしてわかりやすいというか・・・
楽器の使い方等もこれまで聴いてたのとは違う部分もあるので、
マーラーの改訂版を(一部にせよ全部にせよ)使っているのだと思います。(たぶん、です)
そういえば上に挙げた特徴、マーラーっぽいなあ。

コレ聴いてから、自分自身のこの曲に対する評価が180度変わりました。

そうなると不思議なもので、

いままで面白くないと思っていた他の盤を聴いても、「いいなあ~」なんて思えてしまう。
人間の耳というか脳って、どうなってるのかしら??(笑)

他の盤でいいなあ~と思ったものが↓コチラ。
H98191.gif
アカデミー室内管/マリナー


楽器の使い方等は前の盤と違って、原典版なのか他の人の改訂版かはわかりませんが、
やっぱり音に厚みがある。特に第4楽章の金管のコラールが好きです。

* * * * * *

さて、自分の演奏の方ですが、
休みがなくキツいってのは、耳と脳の都合ではどうしようもないところ。
ロングトーンとペース配分のトレーニングと思って、がんばらねば・・・!

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック ナクソス 吹奏楽 鑑賞

クラシック侵食

高校卒業までは全くクラシックに興味を示さなかった息子が、
浪人生になってから、何を血迷ったか(笑)にわかにクラシックを聴きはじめました。

まずは家にあるCDを大量に携帯プレーヤーにブチこんで予備校の通学時に聴き、
「おれチャイコの5番が好き」「ベト7は4楽章が好き」とか言い始め、

最近では友達が出演するアマオケの演奏会にわざわざ(博多から小倉まで)
足を運んだりするようにまでなりました。

その演奏会から帰ったあと、演奏会で聴いた曲を聴きたいと言い出し、

そんなときにナクソス大活躍。入っててよかったナクソス。(笑)

リムスキー「スペイン奇想曲」、ロッシーニ「ウィリアム・テル序曲」と聴いたあとの、
親子の会話。

息子「ウィリアム・テルって、曲の終わり、引っ張るよね~~」
私「クラシックて引っ張るの多いよ」
息子「一番引っ張る曲って、なんやろか」
私「そりゃあ、運命の終楽章で決まりやない」
息子「それ知らん」

で、ベートーヴェン「運命」終楽章の終りの方だけ聴かせてみると、

息子「お~、たしかに!」

息子に感心される母。入っててよかったナクソス。(笑)
   ↑
(感心されたのは実は母じゃねーっつーの)

今日も息子のリクエストで、
チャイコ「ヴァイオリン協奏曲」、カバレフスキー「道化師からギャロップ」
と聴いたあと、この時間から「マーラーの1番か5番」なんてリクエストしやがって(笑)、
今「巨人」聴いてます。

★ランキング参加ちう↓・・・・クリック頂けると嬉しです!★
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

Tag : クラシック ナクソス 鑑賞